So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

春隣り [歌人生]

最近、私の愛唱歌に新しく加わった歌が幾つかあります。その中に『冬隣り』という歌があります。♪貴方の真似してお湯割を…この歌、唄う度に涙ぐむ私です。
P3160314.yy88.1500.jpg
ところで冬があるなら春もあるのではと調べてみたらやっぱりありました。『春隣』は晩冬の頃を指すようです。今が丁度その春隣りなのでしょうか?冬の終わりの頃、春の気配を感じる頃とありましたから今でしょうね。
P3160463.yy88.1500.jpg
昨日、クエアモール商店街の花屋さんの前を通ったら店先には春の花々沢山ありました。しかし気温の低さは真冬並み、まだまだ春爛漫には程遠いい気がします。しかし時折聞こえる猫達の声から春近しを感じる私でもあります。この美しい言葉は俳句などで使われるのですね。今更ながら『日本語って美しい…』と再認識。
P3310143 (3).yy88.1500.jpg

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

やっぱり、人間っていいね。 [夢半ば]

綺麗な涙をみたのは私、初めてかも知れません。フイギュアスケートの羽生さん、世界の目がきっとあの涙に平和の幸せ感じていたことでしょうね。
P3230196.yy88.1500.jpg


すこし重い心で目覚めた私、ぼんやりと部屋を眺めてみました。汚い!これが女性の部屋だと言えるのだろうかと…。確かに忙しいのです。しかしその気になればやってやれない仕事ではない筈です。しかし何もかも嫌になる日は、縦の物を横にするのも面倒です。
P3270010.yy88.1500.jpg


夜になって、あり合わせの材料でいろいろ作り、食べ終わった頃には少し心が落ち着いてきたのでTVを見る事に。と言っても私は『ながら族』なのでTVも仕事も同時進行です。今日の仕事は春から使うパンフレット作製と来月の講座予定表、案外細かくて生徒さんの時間表が記入してあります。
P4060606.yy77.1500.jpg


その両方にブログ更新とfacefook、更に2件のHP更新等々夜は此れだけで3時間以上はかかります。なのでTVを見ながらPCを観たり書いたり。時々一昨日の出来事にちょとうるうる。何といってももうすぐ春ですから…。
P4060615.yy88.1500.jpg


その時、TVで選手の出場順を告げました。そうか…その時だけは真剣にみたい。携帯をみると少し時間があったので、腹ごしらえとして、平茸、白菜の卵とじとジャガイモ2個(茹でる)を調理し机に座ります。
P4100049.yy88.1500.jpg


そして皆様もきっとご覧になったあのシーン。はらはらしながら見ました。エンデイング迄の時間の長かったこと。きっと息子の母になったらこんな感じなのかなって。親は自分の事より大事で物凄く可愛いと思えるのでしょうね、生み育てる事って。きっと私には無理、無理でした。本当に子育てとは大変なのでしょうね。
P4050374.01.yy88.1500.jpg


さてそんな訳で数時間TVにくぎ付けだった私、演技終了の時、インタビューの時などで見た羽生結弦さんの涙、なんと大粒で美しい涙…。日本中がきっと泣いたのでしょうね。感動というか震えるような感情が。私にも母性があったようです。
P4130275.yy88.1500.jpg


其の後今度はう一人将棋の羽生さんのニュースを観ました。此方も今日は対戦の日でしたね。でも流石に余裕のコメントでしたね。今日は奇しくも呼び方が違うけど同じ羽生に羽生さん、劇的な運命の一日でしたね。
世界中を感動を与えた羽生さんも、将棋界の明日を担う若手たちへエールを送る羽生さんも何とも清々しいですね。今夜は清々しい夜になりました。おやすみなさい。
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

また一つ 別れを紡ぐ [八重の狐]

この駅でその人を見送ったのはもう何回目? 長年の知人の筈なのに、何時もさよならの時になるとどうしても涙ぐみたくなる私。何故?何故?と自問自答。
P5260298.yy88.1500.jpg

私.『八重の狐』は以前の棲み処を出て、今は人間社会の一員として生きています。化けたのはカラオケ教室の先生です。相変わらず油揚げは大好きですが、鴨肉の燻製や木の葉の代わりに、シャリっとした食感のセロリが好きになりました。長い髪が自慢な私は尻尾の毛をすこし切って頭に付けポニーテールと呼ばれる髪型にしています。
P6040039 (1).yy88.1500.jpg

此処での暮らしは快適ですので、もう昔の洞暮らしには戻りたくありません。実は私、洞に住まう前には東京に暮らしていました。そこは早稲田(はやいねたんんぼ)という場所にある商家でした。そして私は丸の内OLにも、銀座の蝶にもなって青春を楽しんでいました。その家は亡くなり、いまは大きな交差点になってしまいました。
P5260296.yy88.1500.jpg

人間世界の矛盾も心の葛藤も知るにつれ、人間の心が朧げに解って来た私、今日のように別れのあの切なさ、じ~んと来るあの気持ち、「このまま一緒に…」人間の女心って本当に複雑、演じる私もその複雑な心を『恋』と呼ぶことにしました。元々狐の私、人間でいう年齢という考え方が分かりませんから、随分年が違うあの人がどう思うかなんて考えたこともありません。クォ~ン クォ~ン。







nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

八重狐、その謂れ [青春の残像]

氷上の演技を見ていると、なんと人の体は美しいのかと思います。同じ女性に生まれてもこんなに美しく生まれられる人は、やっぱり心も美しいのでしょうね。
P4150342.yy88.1500.jpg
さて先日『八重狐』って決めたのですが、あれから思い直して『八重の狐』にしました。そう言えば一昨日もお稲荷さんを食べました。急に食べたくなったのです。でも油揚げは元もと好きなのです。フライパンで焼いて、晒したネギを載せお醤油をちょっと。本当に美味しいですね。昔は祖母も生揚げやがんもどきをよく煮て呉れました。
P4140322.yy88.1500.jpg
さてその狐への想いは実は母にあります。東京から引っ越してきた家は目の前が公園でした。その公園にある樹齢50年ぐらいの大きな八重桜。『きっと桜の精が棲んでいるのね」と母がいいます。「やだ~怖いわ、お母さん!」と私。「あら怖いの、素敵じゃない、あたしそう思うわよ」他愛ない母娘の話です。
P4140304yy88.1200.jpg
時は過ぎて幼子のようになった母は静かにこの世から去って終いました。その時私は59歳、もう立派な大人です。夫もいました。けれど身を裂かれるような想いは今でも変わりません。母が命を懸けて私を守り育てたように、それ以上に私は母を愛しまなくてはいけなかったのに…。後悔の念は一生拭えません。
P4140283.yy88.1500.jpg
それ以来、母は私の守護神であり師匠であり閻魔様でもあります。この世に残していて来た不甲斐ない娘を母はどんな思いで眺めているのでしょうか?
P4110085 (2).yy88.1500.jpg
以前の家を去る時、気のせいかあの八重桜が傾いていたのです。大きな洞があり野鳥たちがその羽根を休めたり、虫を啄んだりと。私はあの3年間、この樹の傍で暮らしていました。夜は目の前にある家に戻りますが、日長一日、この樹の傍で猫や鳥や蝶や花達と遊んで暮らしました。
P4120128 (2).yy88.1500.jpg
そして母に語り掛けます。この洞にいるのはお母さん? 引っ越しの日、夜逃げではないのに家具の殆ど、衣類もコートも冷蔵庫も、電子レンジも大きな机もすべて。大切な100枚入りのMiyakoのポスターまでも置き去りに。
P4130191cc.yy88.1500.jpg
其の後家は壊され今は立派な家が新築されたと聞いています。行ってみたい!でもいつも思うだけでやめます。そんな訳で川越に来た昭和50年から馴染んだあの八重桜、母の姿を重ねます。その洞には母によく似た美人の狐がすむそうな…。これが『八重の桜』謂れです。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

怪談小江戸の裏通り [歌人生]

私の住む小江戸川越、本当にいい街です。私の住まいもその中にあり、住宅地と商店、またオフィス街も近く、私には勿体ない街です。
P1210107.yy88.1500.jpg


しかし、しかしそんな街にも盲点が…。出るのです、本当に出るのです。まさかってお思いでしょ? しかしそのまさかです。足のある訪問者の方が怖い事はご理解いただけると思うのですが、最初は市役所を名乗り、今度はNHK。どちらも本物かも知れません。しかしどうであれそのお化けは「お金~お金~」と恨めしそうに言うだけでなく、なんと私、この顔を見たいと恨めしそうな声で、「ドア迄来て、ここに来て~」と。
PC190241.yy88.1500.jpg


とんでもない事です。私は母や父や祖母やご先祖のいる仏壇の前で手を合わせて拝みます。「助けて~お母さん!」。ドアの外ではお化けの声がますます高くなり、もう喚き散らかしています。「何故、夜の訪問なの?昼にすればいいでしょう」と私。すると「じゃ昼なら絶対開けるんですね」とあらん限るの声で喚く声、喚きながらあざ笑うような高笑いが確かに聞こえていました。

PC200260.yy88.1500.jpg


今日の川越、連休とあって近隣からゆるキャラさんたちが見えて大いに賑わっている様子。大通りの賑わいの裏にこんな裏通りの怪があったなんて誰も知らない今日の小江戸です。
nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

今夜も乾杯! [歌人生]

少し早いけど…。そう言って二人の生徒さんからチョコレート頂きました。その中に大好きなお酒入りのチョコレートが12個。最初は少しだけど思っていたのに余りの美味しさに全部食べてしまいました。コニャック入りのチョコレート。パイナップルのカットをオードブル風にして、ああ~贅沢・贅沢。
P2080775.yy88.1500.jpg


実は昼間良い事がありました。しかし家に帰ってfacebook見たら胸が悪くなりました。これは若しや嫉妬かな!。東京生まれの私、川越に住んで43年。川越から東京を探訪する女子の東京通であるが如くのコメントを聴くのは何とも切ないものです。今の東京も好いけれど、やっぱり幼い日から母と歩いた銀座の街、今は昔。
P2080773.yy88.1500.jpg


それで…今日から私、『八重狐』と名前変えようと思います。…
狐になって、いろいろ勉強しようと考えています。美女にも、淑女にも、鬼婆にもなれる八重狐、百花繚乱の桜の下で化けてみたいのです。今夜は何故か乾杯!
P2040167.yy88.1500.jpg




nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

『かもめの街』への想い [歌人生]

もう昭和は遠いけれど、どうしてもそこへ帰りたい自分がいます。最近『歌』の中にある情景や、心情、その舞台、その中にあるのは私の人生のあの日あの頃に似ている、いいえ同じみたい! そんな気がする私です。
P6240309 (2).yy88.1500.jpg


まさか、そんな訳はないのですが、そう思いたいのですね。女って、いいえ私って。そこで思うに任せ感情の発露を求めて歌の世界を漂います。ああ、もっと真剣に言えばよかった、もっと…。そういう想いも今だからこそ、こうあっけらかんと語れるのかも知れません。
P6300423 (2).yy88.1500.jpg


20歳の頃、母と大喧嘩をして暫く家出をしました。そして上大岡という街に暮らしたことが…。たった数週間でしたが。母が捜索願出したのです。叔父と二人で迎えに来た母、それから母と私は折り合いをつけて、以後ずっと一緒に暮らしました。あの数週間の思い出。何だか『かもめの街』がやっと歌える、それにふさわしい大人になった…。そう勝手に解釈した私。今もこの歌を口づさむ時、昼も夜も祖母と娘の為に銀座で働き続けた若い頃の母の姿を思い出します。
P6300444.yy88.1500.jpg

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

夢よもう一度…だったらいいのに [歌人生]

こんばんわ。今夜はふと思い立って休眠中のホームページ更新を試みてみました。3年間も更新無しなので機能が使えず、削除もしないままになっていました。私の歌のタイトル名をそのままページ名にしgooglサイトで作ったものです。しかしこのまま新しい情報が入らないのもと思って。
それでは今年の分として作ろうと、1時頃から初めてやっとできましたで作ってみました。もう少しページも増やして楽しいものにしてみたいと思っています。お時間の或る時にでもご訪問頂けたら幸いです。https://sites.google.com/site/koedosakura/ 

CD1.yy88.jpg


写真はCDラベルなのですが、実際は使用しませんでした。歌手になたらこれを使いたいと、2007年頃に家のプリンターでつくったものです。懐かしく思い出されます。

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

命の洗濯 [歌人生]

教室に通って下さる生徒さんの中で一番古いがAIさん、軽いお昼を食べながらおしゃべりするのが以前からのしきたりです(笑)。今日の二人、いつもの様にランチをしながら話題は尽きません。「ねェ、先生は案外命を燃やすのね!。私はもう疲れたから燃やさないわ」「そうよ、最後はあっさり逝けるように燃焼しきっているの」「へェ~そうなの、それが私も理想よ」
P6211140.yy88.1500.jpg


とまあこんな具合の女同士の他愛ない会話です。しかし最後を迎える日の事、やっぱり心配です。しかし亡母が良く申しておりました。怠けずしっかり働いで、無駄なエネルギーを遺さなければいいのよ。昔のお坊さんは入定と言って自ら悟って一人で成仏してゆくのよ。幼い頃の私は恐ろしいと思っていました。しかし89歳で亡くなった母の姿はまさにソレでした。アルツハイマー発症から10年、安らかな死顔でした。
P4260022.yy88.1500.jpg


私は思います。どんな生き方をしてもいい、人に悪さをしたり裏切ったりしなければ、誠実に真面目にコツコツ努力して暮らしてゆけば、きっと幸せな死を迎えられると。しかし日々の暮らしには喜びに震える日もあれば、悲しみにうちしがれる日もあります。真夜中の暗闇に揺らめく正体の解らぬ浮遊物、影なのか幽体なのかそれとも私の妄想か。
P5090404.yy88.1500.jpg


しかし平和な暮らしに慣れて来たこの頃は未練や愛慕の念に苛まれる日もあります。このままではきっと母の様には逝かれまいと心配しています。それ故もっと強い信念もち、もっともっと熱く熱く仕事に命を燃やし続けてゆこうと思いました。AIさんおは7つ違い、この年になってようやく妹ができたと喜んでいる私です。今日は二人で『糸』『星影の小径』『冬隣り』『かもめの街』『五番街のマリー』などを仕事を忘れて歌いました。命の洗濯です。

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

月光の下で [夢半ば]

今日は皆既月食の日だと知った私、今度こそ此のファンタスティックな現象を撮りたいと思いました。以前にも撮った記憶はあるのですが、その時は失敗でした。今回は何としてもいい写真を撮りたいと思い早めに夕飯を済ませ9時ごろ家を出ました。
P1310749.yy88.1500.jpg

実は今朝、ちょっとしたアクシデント。フェイスブック〇〇会から 昨日の投稿は如何なものか報告があった、そんな内容のメールがありました。とりあえずお詫びし続いて、今後お付き合いできる会ではないと思い退会手続きをしました。
P1310750.yy88.1500.jpg

そこで昼頃ニュースで聴いた皆既月食を戸外で眺め、その下で太陽と月のパワーを貰いたいと思いました。夕飯を早めに済ませ、月光を浴びて1時間ほど。家に帰りパソコンでカメラのメデアを開いてみると、綺麗に撮れた写真が随分あり、月が赤銅色になった様子も薄らですが感じられる写真がありました。
P1310760 (1).yy88.1500.jpg



nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -