So-net無料ブログ作成
検索選択

汗と空 [夢半ば]

気持ちの良い夏の午後、うだるような暑さ。でも私エアコンは入れません。家じゅうの窓をすべて開け、首の後ろにはタオルに包んだ氷を載せます。とても爽快です。月2回の連休ですからしておきたい作業は山ほどありますが、心の休養も大切なので気儘に過ごしています。
P4070047.yy88.1500.jpg

それでも洗濯は大好きです。コンパクトながら馬力のある洗濯機で2回ほど洗濯して縁側の端から端までの洗濯物を干します。縁先から10メートルほど先に2階建ての家が2軒あり、その屋根の間に青空が覗きます。この景色は以前の家でもお馴染みの風景でした。
P5030136.yy88.01.1500.jpg

「みやこ、ホラ虹だよ」ふと夫の声が…。遠い過去。あの時、屋根と屋根の間に綺麗な虹が掛っていました。私と母と夫が40年住んだ町のあの空。
P3230580.yy88.1500.jpg

中秋の名月の頃には毎日のように夜空を見上げては母が言います。「みやこちゃん、ほら綺麗なお月さん!」母は月を観るのが大好きでした。もしかしてお月さんの中に母の大好きなおばあちゃんや、母の永遠の恋人だった父の顔が浮かんだのかも知れませんね。
P4080092.yy88.1500.jpg

夏の午後、気の遠くなるような暑さに、大汗かいた私。洗濯物が揺れる、時々一陣の風も吹く。限りな青空を仰向けに眺めながら、「ああ~生きていて良かった」。私はその瞬間、心からそう思いました。
P4080089.yy88.1500.jpg

※今日の写真は2014年の春から夏に撮ったものです。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0