So-net無料ブログ作成

1×3になった話。 [夢半ば]

先週の木曜日、その朝仏壇の母の写真が倒れていた。しかしそのことを私が知ったのは午後の8時ごろ。その日は少しばかり後ろめたいことがあった日です。もったいぶらないで言うと、どうしても一人だけで教室にいたかったのです。何故なのか?自分でもわからないのですが、最近周囲の風向きが変わった気がして、少しばかりマイナーな気分に。
P3310406.02.1000.aa.jpg

しかし私の期待は見事に外れ、そろそろ引き上げようと、流し台の前で湯呑などを洗っていた時のことでした。何気なくエレベターの方を見た途端ドアが開きました。中にはJさん、手に何かをもって話しかけています。しかし私、水の音で聞こえません。しかたなくエレベーターの方へ小走りに。
P6221279.01.1000.jpg

次の瞬間、前歯がゴリッと折れるような音がしてすこし気を失ったようにも思えました。数秒なのか数分なのか、大丈夫?とJさんがエレベーターを降りで私のそばに。どういう倒れ方したのか、下向きに寝るような姿で、顔がドアの下枠に半分乗っています。冷たい金属の感触。しかし激痛。
P5030149.01.1000.jpg

大きな姿見に映った自分の顔、ゆがんで口から血がポタポタと。泣きたいけど「どうしょう…、救急車?でもお金はどうしたらいいの?」等々がよぎります。しかしその日は近所の歯科は休み。明日病院にゆこう~、そう決心して教室の冷蔵庫から保冷剤を出してタオルでまき、1時間ほどその場で冷やしました。
P4210016.02.1000.aa.jpg

暫くして管理会社の人が部屋の清掃に。すこし説明してから帰宅した私。辛かった、痛さもそうですが、たった一人でこんな大けがも我慢する、その摂理がその不条理が…。泣き泣き夜を明かしました。やっぱり一人暮らしはもうやめようか?しかし老人ホームもケアホームも月々何十万という費用がかかるそうです。
P6260354 (2).1000.jpg

翌朝、それでも顔の痛みは思ったより取れていて、ゆがんだ口も元通りに、抜けた(折れた)前歯は激痛です。しかし教室へ、最初に来たMさん、私の顔をみてびっくり。「夜でも電話下さればよかったのに」そう言ってくださいました。嬉しかった、その日はあと2組のレッスンがありましたので、夕方まで頑張りました。
P6221264.01.1000.jpg

7時に歯科医院へ、レントゲンを撮ってもらいやっと治療に。1本がダメージが強く抜くことに。しかし両サイドも削る必要があるらしいのです。でも考えてみたら、思いがけなく少し八重歯の前歯がきれいになれば、それは怪我の功名かな? それもいいのかと、そう思うことに。しかしこれで一件落着にはならないのです。翌日から体のあちこちが痛みます。ても上がりません。腰もひねったような痛みが。右耳の痛いし、鼻も奥の方に鈍い痛みが。おまけに物が喉をやっと通っても胃の入り口あたりで詰まった感じが。
P6260366 (3).1000.jpg


これでも生きて働いて、なんだかお化けになった気持ちです。あれから明日で7日目、死んだつもりでもう一度(まるっきり演歌!)、あぁ~あと10年若かったら、いっそきれいに整形して出直せるのに。同じころに不具合になったPC、今日執念で直しました。VAIOには便利な機能がついていて自己診断して自ら修理するようです。私もそうなったらいいのにと叶わぬ夢を見たりしています。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「綿入れの着物」 [青春の残像]

青春という言葉に少し妬みを覚える今日この頃、でもね、私にも青春ありました。しかし今となってはその時代を語るにはあまりにも遠する、ようやくその現実が分かってきた気がします。
P4010226.01 (2).aa.1000.jpg

2016年の年が明けた時、多分きっといい年になると確信していました。そして10カ月が過ぎてみれば確かに可もなく不可もなく無事過ごして来ました。11月に入ったとたん、はっと気が付いたことが、そうです、実はかなり寒いのです。そのため10月末から湯たんぽ使っています。でも起きている時間はやっぱり寒い。いくら着ても寒いのです。

P5240025.01.aa (2).1000.jpg

エアコンは一台。買う気も買う気力もありません。そこで考えたのが雪国の友人宅で着せてもらった、綿入れの着物のような「どてら」のような衣服。あれだったら温かくて可愛くて、今の私にぴったりと思うのですけど。友人は当時新潟県に転勤の夫と暮らしていました。そこで着せて頂いたあの綿入れの着物。
P5130028.01.aa (2).1000.jpg

室内用のガウンやウエアーがありますが、懐かしい着物をリメイクしてきてみたい!それも自分で作りたいと考えています。ストーブや電気炬燵もいいけれど、日本文化の着物が姿をすこし変えて「寛ぎ着」になるなんて、素晴らしいとは思いませんか。この冬挑戦してみます、そこで「縫い針通し」買いました。まさに文明の利器。頑張ります。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域