So-net無料ブログ作成

気儘のリスク [黄昏に向かって]

P3190406.01.1000.jpg
川越駅西口にあるこの珈琲のお店、少し前までは確かパン屋さんだった気がしていたのに。今日で2度目のこのお店に今日もU子さんとおしゃべりタイム。私のほうが4歳上ですが3人のお子さんを育て上げたU子さんの言葉にはやっぱり母性が滲みます。

P3190432.01.1000.jpg

他愛のない話と軽い夕食、それなのに帰路の足取りは踊っているような私です。ふたりの会の中心は一人暮らしの気儘さと不安な心。でもしかしこれは自らが選んだ道。

P3190437.01.1000.jpg

夜になって歌仲間のKさんから電話、救急車に昨日乗った!?との事。訳を聞いたら血圧が高くなってしまったのだとか。優しいご主人も同行してくださのだそうです。もしこれが私の場合だったら、そう考えると身震いしたくなります。

P3190438.01.1000.jpg


そうです。気儘な暮らしの中の最大の不安はもにここで倒れたら…、もし入院することになったら…。気儘な暮らしには大きなリスクがある、そのことが解らない筈ないのに、私は此れからもこの暮らしは続けるつもりです。いいえそれが宿命です。
P3190419.01.1000.jpg


今日の写真は2014.02.19に撮ったものです。勿論つらい思い出もありますが、それでも40年暮らした当時の我が家、その家の前の公園の早春風景。じイ~っとみていると少しだけタイムスリップ。今夜はいい夢見られそうです。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

冬の蝉 [黄昏に向かって]

幸先のよい新春とばかり燥いでいたら、気が付けば傷心の日々。何も手につかな毎日が過ぎています。原因はある電話。思い出す度に口の中に苦い水。信頼していた彼女になにがあったのか?
CIMG1065.01.1000.jpg


こんな時に決まってする行動は古い写真探し。見失いかけている自分の心を取り戻したくてダンボールいっぱいの記録を取り出します。たった一枚にCDには数十枚の写真が撮ったままの姿で残っています。その一枚は2012.8.26通夜の翌朝に撮った蝉。通夜の夜は深い悲しみ以上にこの世の業を知りました。私一人を其処に残して全員が帰りました。夫の兄弟姉妹もすべてかえり、夫の棺と私だけ。
CIMG1760.01.1000.jpg
 

お化けが怖いのではなく、人の心が怖かった。「都ちゃん、僕の兄弟たち、みんないい人でしょ」屈託ない笑顔を残してあっけなく夫は逝ってしまいました。最終バスに間に合うように葬儀場を出た私は震えながらバス停へ急ぎました。あれから5年がたって今こうしてあの夏の写真。その翌年には40年間見たことのなかったヤマボウシが咲きました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

残っていますか?小さな夢 [黄昏に向かって]

昨日は久しぶりにお客様の前で歌った。好きな曲を好きなように…。それでもお客さんは喜んで下さった。友人Aさんが言う、自分の歌を聴いてもらえる瞬間が、褒めていただく瞬間が最高に幸せだと。しかし私はいったいどうなのだろうか?嬉しくもあり寂しくもあり。ステージ衣装すら満足に揃えられない自分が腹立たたしくも情けない。
PC030237 (2).77.1000.jpg


やぱり強気だけでは生きられないのかも知れない。前回ほどではないが、今日また怪我をしましたこの事実がショックです。足元にいた子供をよけて左に倒れた。しかし障害物があり瞬間の判断で左膝を床に着けた。起き上がれない程痛かった。大きな荷物を3個もって足を引きずって家に戻った。仕方がない疲れているのだから…。そう納得してみるものの、小さな不安がよぎる。十数年前に近所のお医者さんに言われた髄膜腫、そろそろ大きく育ったのだろうか…。でも手術などする気は全くない。一時は長生きも望んでみたけれど、やっぱり無理のようです。
P6190045.77.01.jpg


しかしまだまだやり残した事多すぎます。だれでもそう思うのでしょうね。しかし全て運命ね。そう言えば直近の夢は早春の小江戸、しかも路地の風情などを撮って歩きたい事。そしてせっかく長いこと伸ばした髪を綺麗に結いあげ、それから母の着物着てその辺りをそぞろ歩きたい私です。
P3020172.77.01.jpg


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「怪我の功名」?! [夢半ば]

節分前夜はかなり冷え込んでいます。ブログもfacebookも利用できなくなってもう3月ぐらいかと思いますが、その割に相変わらず夜更かしが多い私。昨年11月に顔面を打ち付けるというショックな転倒。その後遺症はひどく、左目がさらに見えにくくなり、体のあちこちに痛みが走ります。
P5260305.01.1000.jpg


そんな姿になりましたが、口の中はとても綺麗になりました。治療はしばらく続きます。最初は舌の感覚が戻らなくて歌うときには少し戸惑いました。皆様ご存知のように歌うためには舌の動きは大切です。そこで今回のように歯並びの状態が変わると声や滑舌にも影響してくる事が、今回よくわかった次第です。ですが、これぞまさしく「怪我の功名」。最近、レッスンの時によく言われます。「先生の声、素敵!」って。ちょと自惚れ過ぎでしょうか?
CIMG4245.02四季.雪.1000.jpg


でも相当痛い思いしたので、ここはご容赦くださいませ。では皆様、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。相変わらず古い写真のUPですが、すこし楽しい画像にしてみました。
CIMG4245.02古い写真.1000.jpg

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域