So-net無料ブログ作成
検索選択

他愛のない話 [夢半ば]

今朝の事です。庭に動く黒い影、「あっ、去年の蝶!」と思わず叫ぶ私。黒い蝶は地面すれすれに飛び交いながら止まる場所を見つけているようでした。これと同じシーンは4年程前にも見たことがあります。
P9030549.yy88.1500.jpg

何故地面近くで飛ぶのか調べてみたら、給水行動で体温調整と栄養成分補給とありました。自然界はとても不思議ですね。
CIMG1907.yy88.1500.jpg

蝶と言えば私が写真に夢中になったのも、家の前にあった公園で見つけた昆虫や蝶々との出逢い、いい写真を撮りたいと日々観察しているうちに、すっかり彼らの虜に。そして出来上がった写真をブログに乗せてみました。未知への挑戦。私の好奇心が留まることを忘れたくらい、ファンタジックな動植物たち。
P5030149.02.yy88.1500.jpg

夫の急逝が8月でしたからすぐに写真を始めたことになります。いろいろあったあの頃、まさに『初めての一人暮らし』でした。不安と恐怖と絶望。これらを乗り越えられたのは実は写真だったのです。朝から夕方まで家の前の公園で撮り続けました。周囲は私を見て怒ったり笑ったり。しかしいい出会いもありました。
P8200428.01.1500.jpg

そしてあれから気が付けば5年の歳月がながれ、私もいつの間にか髪には白い物が目立つ年齢になりました。『もう人生は十分味わった』そう思うこともしばしばありますが、まだ残した事が幾つかあります。叶わぬとも夢に向かって黙々と写真を撮り続けたあの日の情熱を思い出して、これからも生きる事に決めました。
CIMG2202.yy88.1500.jpg

内緒ですが、夢の一つは…、二つ目の夢は私の庭を四季の花々が咲き乱れる庭にしたい。そしてここに来る蝶や鳥や猫達の写真をもう一回撮り続けたい。他愛のない話ですが、案外真剣です。
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

汗と空 [夢半ば]

気持ちの良い夏の午後、うだるような暑さ。でも私エアコンは入れません。家じゅうの窓をすべて開け、首の後ろにはタオルに包んだ氷を載せます。とても爽快です。月2回の連休ですからしておきたい作業は山ほどありますが、心の休養も大切なので気儘に過ごしています。
P4070047.yy88.1500.jpg

それでも洗濯は大好きです。コンパクトながら馬力のある洗濯機で2回ほど洗濯して縁側の端から端までの洗濯物を干します。縁先から10メートルほど先に2階建ての家が2軒あり、その屋根の間に青空が覗きます。この景色は以前の家でもお馴染みの風景でした。
P5030136.yy88.01.1500.jpg

「みやこ、ホラ虹だよ」ふと夫の声が…。遠い過去。あの時、屋根と屋根の間に綺麗な虹が掛っていました。私と母と夫が40年住んだ町のあの空。
P3230580.yy88.1500.jpg

中秋の名月の頃には毎日のように夜空を見上げては母が言います。「みやこちゃん、ほら綺麗なお月さん!」母は月を観るのが大好きでした。もしかしてお月さんの中に母の大好きなおばあちゃんや、母の永遠の恋人だった父の顔が浮かんだのかも知れませんね。
P4080092.yy88.1500.jpg

夏の午後、気の遠くなるような暑さに、大汗かいた私。洗濯物が揺れる、時々一陣の風も吹く。限りな青空を仰向けに眺めながら、「ああ~生きていて良かった」。私はその瞬間、心からそう思いました。
P4080089.yy88.1500.jpg

※今日の写真は2014年の春から夏に撮ったものです。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

『マッチ売りの少女』 [夢半ば]

あれは昭和という時代、その頃の私は小学6年生。その年の秋に行われる学芸会は大隈講堂でした。私の通った小学校は3つ、文京区青柳小学校、新宿区早稲田小学校、そして4年から6年生までは新宿区立鶴巻小学校です。
P6221230.yy88.JPG

その鶴巻小学校をあと数か月で卒業する私はある日、学芸会でのクラスの出し物は『マッチの少女』、その主役に「都(ミヤコ)が選ばれたよ」と担任のN先生から聞かされました。
P6270144yy88.1500.jpg

皆さんよくご存じのアンデルセン童話です。当時私の家は母と祖母、そして私の三人暮らし。働き手は母一人でしたから、決して裕福ではありません。そんな事情もあっての事か、マッチ売りの少女を演ずることになりました。
P6280210.yy88.1500.jpg

しかしこんな印象的な事実なのに当日どんな風に踊ったのか、どんなセリフをいったのか覚えていません。だた大きな舞台で篭のようなものを手にして踊った気がします。当日の衣装は近所に住んでいた叔母が縫って呉れました。
P6300350.yy88.1500.jpg

何故いまマッチ売りの少女なのか?自分でも不思議です。急に思い出したのです。そう言えば昼間祖母の事が話題になり、帰宅して祖母の好物の枝豆を供えました。おばあちゃん。17歳になったときお別れしましたね。今日のようにとても暑い日でした。
PA070505.yy88.1500.jpg

悲しむ事も、怒ることも、喜ぶことも祖母は控えめでした。私は今年の誕生日が来ると、祖母の年齢を超える事になります。私が天国に行く時、祖母は私を迎えに来てくれるのでしょうか。幾つになっても人生はメルヘン!
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

舞台わらし(その2) [夢半ば]

真夜中の音はなんとなく物悲しいものです。前の家では一人暮らしの恐ろしさにまんじりとしない夜を3年も過ごしました。しかし転居後はその怖さがなくなりました。
P2170298.yy88.77.1500.jpg

しかし耳を澄ませて聞くとコトコト、ザワザワ、ミシミシ、その中に聞こえる筈ない囁きが聞こえてきます。もしや座敷童?? だったら嬉しいのですが。
P6300371.yy88.1500.jpg

そういえば前にもちょっと書いた気がしますが、2012.06の頃です。埼玉の某劇場で私『舞台わらしに』に逢いました。その日は私にとっての『晴れ舞台』の筈でした。歌のテーマに合わせて真新しい衣装を身に着けて朝早くからその時間を待っていました。衣装は『小江戸桜』という私のデビュー曲に合わせて、黒地に桜の花びらのがちりばめられたとても豪華なものです。緊張したままで今か今かと出番を待っていました。
P3290297.yy88.1500.jpg

ところが出場前にちょっとしたアクシデント。出場順の事で大ショックを受けた私。半泣きべそになっていました。というのはメインゲストのメジャー歌手さんの登場前に4名の地元歌手が歌うのですが、私が最初だという事にちょっと動揺したのです。後輩もいるのに…。そんな思い上がりだったのだと思います。
P6151135 (2).yy88.1500.jpg

ところが私のステージはいわゆる緞帳(どんちょう)上がり、という事になりました。初めての経験で大感激でした。
P6221268 (2).yy88.1500.jpg

その場面は、客席から見るとお辞儀をしている私がいて、その前を大きな緞帳がするすると上がって行く、そんな状態になります。私が正面を見るころには緞帳が上ってたくさんのライトが私の目に飛び込んできました。ステージは初めてではありませんが、あの大舞台で緞帳上りに歌えたことは格別の想いがありました。
PC070493 (6)ps.yy88.1500.jpg

ところがその舞台で予期せぬ出来事が。歌い始めて丁度半ばの頃、何気なく左足を一歩引こうとした瞬間、信じられないことが起こったのです。飛んだのです、私の履いていた草履が。佐賀錦の鼻緒がついた草履が、目の前を飛んでいるではないですか。足から離れて頭の方へと。一瞬声にならない声を出したように記憶していますが…。そして気が付けばいつの間にか草履は再び私の足元に置いてあります。左足の前に戻っていたのです。勿論大勢のお客様もその様子を見ていました。その後、歌の続きを歌い終わって舞台の袖へと下がりました。
P6300376.yy88.1500.jpg

後で聞いた話ですと、あの時私は何かに突き倒されるように前にのめってそのまま客席に倒れこみそうだったとか。客席の前の方々が舞台へ駆け寄ったそうです。しかし当の私には時間がとまり、上に飛んだ草履は勝手に戻ってきて、私は足の指だけで鼻緒に入れた、そんな風に感じていました。
P6290338.yy88.1500.jpg

さてこの話を当日の主催者の女社長さんに話をしたところ「それは舞台わらしよ、古い舞台にはよくある事よ」と教えてくれました。すこしユーモラスですが、いま一人で思い出すと、ちょっと怖い気がしますが。でもまた今度、どこかの舞台でもう一度会ってみたい、そんな舞台わらしのお話でした。では皆様おやすみなさい。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

記憶の引き出し [夢半ば]

今年こそ自叙伝を書こうと思っていました。しかし直ぐにそれは無理だとつくづく感じました。
この長い人生の出来事を覚えているわけがない、そう思えるからです。しかし全てを忘れているわけではないので、飛び飛びの思い出を小さな『お話』に作り変えてみたいと思っています。
CIMG2380.01.1500.jpg

私にも脳のどこかに記憶の引き出しがありますが、日常でもあまり整理整頓が得意でない私ですので悲喜こもごもの出来事を上手く引き出せるか心配です。さらに記憶力の低下は本当に驚くほど。最近は教室で使う課題曲にしてもどんどん出てくる新曲をマスターしきれません。なので最近流行りの昭和歌謡なども織り交ぜています。
CIMG2384.01.1500.jpg

子供の頃の思い出では、屋根から滑り落ちそうになったこと。女学生の時は通学の電車で見かけた学生服の男の子。高校生になってマンドリンを習った事…。そんな切れ切れの思い出を果たして文章に作れるのかしら?
CIMG3245.01.1500.jpg

残されたこれからの時間、多いのやら少ないのやら皆目見当が付きません。しかし何もしない日々は退屈で病気になりそうです。勿論『歌の先生』という仕事は毎日一懸命頑張っています。それとは別に自分の心の中にある最後の疑問(自分ってどんな人?とか 私の人生は幸せな方かしら?とか、何故?何故?)に答えを見つけたいからなのです。
P3090022.1500.jpg

父や祖母や母や叔父や夫が次々と私の前から去って逝きました。私自身の番が来た時、いったい誰が悲しんでくれるのでしょうか? 片手で数えられる程だっていないのです。教室の生徒さんは一緒に長生きしましょう~、そう言って下さいます。本当に嬉しいです。しかし一人の女性として生きてきた人生の最後がこんなに寂しいなんで想像できませんでした。
PA101080 (2).1500.jpg

そんな事を想いながら今日もまたよく冷えた梅酒を飲んでいます。私がかつて作っていた梅酒はかなり甘かったのですが、このTさんから頂いた梅酒、それはそれはきりっとして最高です。それと器もいいのです。自営の時代,取引先(インテリアのお店)から頂いたとても綺麗なワイングラス、いつか何かの祝い事で使おうと思って仕舞っていたのですが、これを自分用にしました。

※今夜も写真は福三ちゃん、もう1年たつのにペットロスはまだまだ続いています。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

木の芽時、無事通過しました。 [夢半ば]

我が家を訪ねる近所の猫ちゃん、交代で縁側でお昼寝します。ここのところ少し暗~い私のハート。本当にもう元に戻れない程暗かったのですが、この猫達の気張らない生き方に少し思うところがありました。
P5020673.yy88.1200.jpg


それでこんな時は猫達を見習って自然体で暮らすことに。その一は食べたいものを重いきり食べる。その二は泣きたいときは素直に泣く、そして三番目は今一番やりたいことをする。
P5020670.yy88.02.1200.jpg


そこで始まったのが『写真集づくり』です。今回で4冊目になる小さい写真集。前の2回は少し大きめですが今回は最初と同じA5サイズです。とても小さいです。しかし出来上がりはとても綺麗。
撮りためた写真(特に今春の桜)が中心の20ページに、ちりばめる文字は今の私の心境と決めました。
P5030674.yy88.1200.jpg


写真の編集から、各ページへのレイアウト、何度もやり直して3日間ついやして完成。あとはネットで注文して完成品が来る日を楽しみにまちました。そして昨日届いた小さな荷物。“焦がれて『小江戸桜』”が届きました。仕上がりは期待以上で大満足の私です。
P5030675.yy88.1200.jpg


ところで“焦がれて『小江戸桜』”というタイトルですが、一つは第2の故郷川越の桜を指していますが、実は私の歌手としてのデビュー作品『小江戸桜』への熱い思いも込められているのです。今年はこの曲が生まれて丸8年、地元川越ではまだ火が付きません。東京神奈川千葉、勿論埼玉、そしてTVやステージでも歌わせて頂きました。しかし川越生まれでないハンディーもあった気がします(?)
P5030676.yy88.1200.jpg


人生とは本当に明日の事は誰にも分かりません。今、教室の生徒さんから「先生の曲、教えて下さい」とのお声をいただく日が来ました。本当に嬉しいです。大器晩成等どおこがましい事は申しません(笑) でも我慢辛抱の歳月の後のよい兆しですから、きっと何かが生まれるように思えてなりません。
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

座卓のある部屋 [夢半ば]

最近の私ご飯を食べる時も、パソコンに向かう時も『母の座卓』を使います。以前の家では椅子に座る生活でしたが、今はこのほうが落ち着く気がします。しかし年々膝の痛みを感じるようになっていますので、長時間には耐えられません。
P4160634.01a.1000.jpg


家にいる時間では家事と仕事が半々、掃除・洗濯・食事づくりの他、教室でつかう計画表・パンフレット・ポスター・月謝袋・一人一人のレスン内容の記憶紙などの作成です。その他教室のホームページの作成、ブログの更新等々、案外忙しい日々を送っています。
P4160641 (2).1000.jpg


以前はパソコンラックが座卓のような使い方でしたが、座るのは椅子なので膝の痛みがない分、寒さには苦しみました。しかし、客間用にと暫く飾っておいたこの座卓、昨年の転倒から、夜分に起きる時に掴まって起きられるよう寝室に置きました。この格好何故か遠いい昔、祖母と暮らしていた時代を思い出させてくれます。懐かしさにふと気が付くと泣をこぼしている私がいます。しかし涙はストレスを見事に流してくれるようです。
P4160635.03.1000.jpg


土、日と思いがけずに連休出来たまった掃除も洗濯もできましたし、やりたかった『本』への思いも一歩だけ現実に近づいた気がします。一人で暮らし始めた2012年からの自分を見つめなおすところから始めたいと思います。夕方からブログを読み返してみました。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

夢のまにまに [夢半ば]

昼間の電話は東京在住のE子さん、この冬から腰を痛めて病院通いだそうです。先日ドクターから「おばあさん…」と言われてショックを受けたと笑いながら話しました。今年は77歳お記念すべき年です。確かにお孫さんは合計4人にひ孫が1人、そう呼ばれてもおかしくないのでしょうが、でも美人でお洒落なE子さんは私から見てもその年には決して見えません。
P3300555.01.1000.jpg


さて振り返れば私もE子さんまでにはそう遠くない事になります。しかし「おばあさん」も「シニア」、「高齢者」との呼び方に納得はできません。なにかもっと相応しくて耳障りのいい呼び方はないのでえしょうか?
P3300556.01.1000.jpg



長生きは嬉しい事ですが、最近思うことは5年程度の差でも年齢のギャップを強く感じます。特に歌から見る時代の変遷はとても興味深いものがあります。夕方生徒のUさんと1965~70年代の頃の歌を10曲程うたって遊びました。ふたりとも懐かしくてレッスン時間も忘れて話に花が咲きました。
P3300557.01.1000.jpg


「あの頃は夢いっぱいだったわね」と私。「あらもう子供がいたのよ私は」と彼女。何時間たっても話が尽きず、その後駅前の焼き肉店で石焼ビビンバを食べながら思い出に浸った二人でした。一気に肩こりも膝の痛みも何処かいってしまいました。
P3300558.01.1000.jpg


そういえば今朝の事、ある英会話のCDを試聴することにしました。川越では町ぐるみで英会話に取り組んでいます。それに遅れないように私も頑張ろうと。また「小江戸桜」という私のオリジナル曲も今に英語で歌えたら…。そんな夢を持って頑張ろうと。
P3300559.01.1000.jpg



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「怪我の功名」?! [夢半ば]

節分前夜はかなり冷え込んでいます。ブログもfacebookも利用できなくなってもう3月ぐらいかと思いますが、その割に相変わらず夜更かしが多い私。昨年11月に顔面を打ち付けるというショックな転倒。その後遺症はひどく、左目がさらに見えにくくなり、体のあちこちに痛みが走ります。
P5260305.01.1000.jpg


そんな姿になりましたが、口の中はとても綺麗になりました。治療はしばらく続きます。最初は舌の感覚が戻らなくて歌うときには少し戸惑いました。皆様ご存知のように歌うためには舌の動きは大切です。そこで今回のように歯並びの状態が変わると声や滑舌にも影響してくる事が、今回よくわかった次第です。ですが、これぞまさしく「怪我の功名」。最近、レッスンの時によく言われます。「先生の声、素敵!」って。ちょと自惚れ過ぎでしょうか?
CIMG4245.02四季.雪.1000.jpg


でも相当痛い思いしたので、ここはご容赦くださいませ。では皆様、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。相変わらず古い写真のUPですが、すこし楽しい画像にしてみました。
CIMG4245.02古い写真.1000.jpg

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

1×3になった話。 [夢半ば]

先週の木曜日、その朝仏壇の母の写真が倒れていた。しかしそのことを私が知ったのは午後の8時ごろ。その日は少しばかり後ろめたいことがあった日です。もったいぶらないで言うと、どうしても一人だけで教室にいたかったのです。何故なのか?自分でもわからないのですが、最近周囲の風向きが変わった気がして、少しばかりマイナーな気分に。
P3310406.02.1000.aa.jpg

しかし私の期待は見事に外れ、そろそろ引き上げようと、流し台の前で湯呑などを洗っていた時のことでした。何気なくエレベターの方を見た途端ドアが開きました。中にはJさん、手に何かをもって話しかけています。しかし私、水の音で聞こえません。しかたなくエレベーターの方へ小走りに。
P6221279.01.1000.jpg

次の瞬間、前歯がゴリッと折れるような音がしてすこし気を失ったようにも思えました。数秒なのか数分なのか、大丈夫?とJさんがエレベーターを降りで私のそばに。どういう倒れ方したのか、下向きに寝るような姿で、顔がドアの下枠に半分乗っています。冷たい金属の感触。しかし激痛。
P5030149.01.1000.jpg

大きな姿見に映った自分の顔、ゆがんで口から血がポタポタと。泣きたいけど「どうしょう…、救急車?でもお金はどうしたらいいの?」等々がよぎります。しかしその日は近所の歯科は休み。明日病院にゆこう~、そう決心して教室の冷蔵庫から保冷剤を出してタオルでまき、1時間ほどその場で冷やしました。
P4210016.02.1000.aa.jpg

暫くして管理会社の人が部屋の清掃に。すこし説明してから帰宅した私。辛かった、痛さもそうですが、たった一人でこんな大けがも我慢する、その摂理がその不条理が…。泣き泣き夜を明かしました。やっぱり一人暮らしはもうやめようか?しかし老人ホームもケアホームも月々何十万という費用がかかるそうです。
P6260354 (2).1000.jpg

翌朝、それでも顔の痛みは思ったより取れていて、ゆがんだ口も元通りに、抜けた(折れた)前歯は激痛です。しかし教室へ、最初に来たMさん、私の顔をみてびっくり。「夜でも電話下さればよかったのに」そう言ってくださいました。嬉しかった、その日はあと2組のレッスンがありましたので、夕方まで頑張りました。
P6221264.01.1000.jpg

7時に歯科医院へ、レントゲンを撮ってもらいやっと治療に。1本がダメージが強く抜くことに。しかし両サイドも削る必要があるらしいのです。でも考えてみたら、思いがけなく少し八重歯の前歯がきれいになれば、それは怪我の功名かな? それもいいのかと、そう思うことに。しかしこれで一件落着にはならないのです。翌日から体のあちこちが痛みます。ても上がりません。腰もひねったような痛みが。右耳の痛いし、鼻も奥の方に鈍い痛みが。おまけに物が喉をやっと通っても胃の入り口あたりで詰まった感じが。
P6260366 (3).1000.jpg


これでも生きて働いて、なんだかお化けになった気持ちです。あれから明日で7日目、死んだつもりでもう一度(まるっきり演歌!)、あぁ~あと10年若かったら、いっそきれいに整形して出直せるのに。同じころに不具合になったPC、今日執念で直しました。VAIOには便利な機能がついていて自己診断して自ら修理するようです。私もそうなったらいいのにと叶わぬ夢を見たりしています。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域