So-net無料ブログ作成
検索選択
演歌人生 ブログトップ
前の10件 | -

演歌って、演歌って…。 [演歌人生]

若い頃、そう十代の終わりのころはよく深夜放送を聞いていました。部屋の真ん中に大きな柱がある私の部屋、当時の下宿屋は殆どが3畳一間です。今考えれば随分生意気な娘でした。その部屋になかで毎晩12時、1時までは起きていた私。「みやこちゃん、早く寝なさい!」ドアの外で母が声掛けをします。母は勉強していると思っていたのです。しかし私、大概ラジオを聴いていました。殆どが軽音楽、クラシックはありませんでした。
P4200302.02aa.1000.jpg


そんな時代はもう遥か遥か彼方。でもあのころの何とも言えない、未知へのあこがれのような想い、今でもわかる気がします。歳はとっても、案外人の本質は変わってないのでしょうか、それとも私だけが成長していない?(笑)
P5010003.02aa.1000.jpg


さて今日の本題は演歌って、です。この場合、演歌に属する歌そのものではなく、私の人生って、本当に演歌のようだからなのです。3歳で父を失い母・祖母・私の三代の女だけで17歳まで暮らしました。私とは似ても似つかない美人の母、映画のニューフェイスにも受かったというハンサムな父、本当ですよ(笑)の間に生まれた私、男の子のような女の子でした。
P4030519.02aa.1000.jpg
これが、私の宿命だったのです。父のいない子はやっぱり苛められました。私が6歳ごろ私たちは早稲田に引っ越したのです。しかし引っ越しから1年ぐらいの間、祖母と私はその家を朝から夕方までよく空けていました。音羽にある映画館で時間を過ごしていたのでした。今思えば母の大切な人との時間だったのですね。そのお蔭で私は何不自由なく暮らせました。
P4060626.02.1000.jpg


音羽から早稲田へ、新しい家は庭も広く、私はぐるりと板塀で囲まれたこの庭で遊んでいました。コスモス、あやめなどが印象に残っています。大きな井戸もありました。その家で祖母と暮らせたのは17歳まで。生まれてからいつも一緒だった祖母は73歳であっけなく他界。大きな支えを失った気分で、思春期の私は母への抵抗が強くなり始め学校から帰ると家業は手伝わず、急いでバスに乗り渋谷に出ます。そして初めて知った社交ダンスの味。その後数年間は、青春のすべてをかけました。
P2130022.02.1000.jpg

20歳過ぎても、私の母への反抗は収まらず、近所のテラーで高額な洋服をオーダーしたり、銀座でチャイナ服を注文したり、西銀座で輸入物のハイヒールを買ったりと、私が親なら、家から追い出したいと思ったに違いありません。しかしそんな愚かな行為でしたが、その経験は今となっては貴重です。その後の生活に大いに役立ちました。
P4060615.02aa.1000.jpg


ここからは初めての失恋、即断即決の結婚等々面白い話が沢山ありますが、いずれにしても破天荒な青春でした。そして歌との出会い。そのお話しはまたいつかさせて下さいね。では今夜はこの辺で、皆さまお休みなさい。読んでくださってありがとうございます。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

演歌が心に沁みる夜 [演歌人生]

P5080336 (2)ps1000.jpg
さっきからYouTubeに聞き入っている私、画面から流れる曲は潮騒、大好きな中村美津子さんの曲です。ここの所半月ぐらいすっかり声が出ない私です。もう本当に、どうしたらいいのでしょうか。風邪でもないし、花粉ももう終わりでしょうし、残るは一つだけストレス。取り敢えず耳鼻咽喉科で診て貰うつもりです。
P5040195 (5)pa1000.jpg

さて今夜のタイトルは『演歌が胸に沁みる夜』、実は私の人生、ほんとに本当に演歌が似合う、いいえ殆んど演歌の様な人生なのです。振幅が大きい人生でしたので、一つ一つがそこだけで演歌になる場面ばかり。自分からそうしているのではなく、自然とそうなってゆくのです。言い換えれば波乱万丈の人生でした。生まれてすぐからそうだったようです。もっとも当時を知る人は全くいないので、今となっては亡母の証言だけが唯一の手がかりです。
P5050026ps (2)1000.jpg

私自身の記憶にある演歌の様なシーン。それは一人の女性が登場します。髪を後ろで束ねてから、襟足に楕円形に丸めて止めてありました。薄いピンクベージュのようなワンピースを着ていました。夏の頃のように記憶しています。祖母に呼ばれて客間に、それから丁寧に「いらっしゃいませ」とお辞儀した私、多分7歳か8歳ぐらいだったと思います。交わした言葉は覚えていませんが、とても優しそうな美しい人でした。とても印象の強いシーンでした。いまでも顔かたちみなりは覚えているのですが、名前は分りません。
P5080242ps1000.jpg

そして12年後の長崎、長崎の祖母に逢いに行った二十歳の私、しかし父の養母(母)は歓迎の養子ではありませんでした。さくらで東京に帰る日、私と母が乗った車両にある女性が駈け込んで来ます。開いている窓から母の手をしっかり握って、『来ていらっしゃること知らなくて』、そう云ってお互いしっかり見つめ合い発車間際まで手を握っていました。あのシーン。あれは一体何だったのでしょうか。母からは何の説明もありませんでした。
P5010068.01 (2)ps1000.jpg

この二つのエピソードを思い出してみても、なんだか私の人生、相当演歌っぽい人生の様です。そして青春時代、親離れの為の苦行の数々。その後結婚、海外生活、OL時代、命をかけた大恋愛再婚、半年だけのお母さん、自営業、母の病気と死、夫の死、一人で生きるための闘いの日々。このどれもが涙無くしては語れない事ばかり。でも実はその間にも、今はまだ云えない恋もありました。
P5080306 (5)ps1000.jpg

そんな訳でとても思わせぶりですけど、今度機会があったらぼつぼつと、聴いて下さいね。だから私、本当は演歌が大好きです。そして今夜も美津子さんの何とも言えない艶っぽい歌が聴こえて来ます。母も大好きだった中村美津子さん。今夜は『潮騒』をずっと聞きながら眠りに付きたい私です。おやすみなさい。

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

耐えるより弾けよう [演歌人生]

何故、演歌人生なの? そう~、生き方がやっぱり演歌かしら。 自分で言うのも何なんですが、お人好しすぎて、もう話になりません。おだてられれば調子に乗って、お神輿も担ぐし、頼まれれば損得抜きでひと肌ぬいでしまう私。それなのに、どうして幸せが来ないのかと嘆いている昨日今日。

P5270154 (2)web500.jpg


さて今日のお題は、耐えるより弾けよう~。実は私、耐えるのはもう十分経験してきました。食費一日500円などは朝飯前。一日100円だって暮らせます。これ、食費だけですけど。でも1週間に一回は、ちょっと奮発してうなぎとか、それも割烹みたいなお店で。そんな生き方夢見ています。

P5270139syuusei500.jpg


先日その勝気な気性で大怪我しました。何処を怪我したの? いいえ、怪我はしなかったのですが、植物や土に溜まった、濃厚なチリ(花粉+除草剤の乾いた粉末)を大量に吸い込んでしまい気絶寸前。喉が腫れて高熱が出、それが今度間断ない咳になってしましました。そして今日、明日は初めての舞台、大宮ソニックシティーなのに、まだ声が戻りません。そんな事態に何故なったのか、その経緯(いきさつ)、聴いて下さいね。

P5250590 (5)syuusei500.jpg



猫反対派からの猛攻撃で、数日前に家の出口に猫の糞が摘まれ、腐葉土がかけてありました。これで2回目。嫌いな理由は人それぞれですが、ここの反対派の言い分は、増やさない様に餌はやらない、つまり餓死ですね。または掴えて保健所で処分して貰う。いづれにしても、これで、世の中が良くなるとは到底思えない案でした。

P5250594syuusei (2)web500.jpg



さて猛反対の私は、反対派を尻目に、猫ちゃんを増員しました。飼主さんが死去されたので、数匹のうち三毛を貰いました。女の仔です。もう一匹はグレーの毛並が綺麗な猫これは男の仔です。そして彼らの仲間が数匹朝と夕方、食餌に来ます。お皿は洗って干し、公園や道路にある猫の糞は片づけます。さらに雑草取り。これが一番大変です。

P5260100syuusei2web500.jpg



この間の日曜日も早朝から草むしり、45リトル3個分です。その後夕方より微熱、夜中にはガタガタ震えが来て、むかし赤ワインアレルギーになった時の発作に似ています。そして今日で三日、まだ咳が止まりせん。
今回の猫騒動の件は、たとえ私が正論だとしても、途中で倒れたらおしまいですし、相手を刺激すれば、猫達が苛められます。

P5270158 (5)web500.jpg

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

メリーゴーランド。 [演歌人生]

タイトルと同じメリーゴーランドという歌があります。確か、ぐるぐる回る~回転木馬~。そう人生は回転木馬のようなもの。でもじっと座っているだけでは良く回らない、すこし厄介な回転木馬です。
P3040713 (2)web.jpg

そこで私、今日も今日とて、この足をとこの目で辺りを一回り。時には落ちそうになる程、揺れる事もあったけれど、私の耳の中にある、その音楽が不思議に勇気を与えてくれたのです。どれもが青春の思い出、遠い春の名残です。
P3040719 (2).03.jpg


そして今日また新たな景色が視野に入って来ました。夢と希望を載せて回る回る、私のメリーゴーランド。
P3040710 (2)web.jpg

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

野菜三昧 [演歌人生]

明けましておめでとうございます。
除夜の鐘を聞きながら新年を待つ瞬間、何時もながら緊張します。そして「若水」をご先祖に供え、私の2014年が始まりました。何だか無性にお酒が、それも一口だけ飲みたくなりました。でも我が家にはお酒類は一切ありません。毎年お正月にはお屠蘇で祝った後、おせち料理日本酒を飲むのが亡母と私のお正月でした。あれからもうどの位が経ったのでしょうか…。

お正月なので、恥ずかしいですが、昔の写真ご披露します。母53歳、私23歳の写真(撮影は早稲田の当時の大隈会館)自宅から直ぐの場所でした。
haha&miyako.jpg


さて私の2014年は秋9月~10月ハイライトが来るようセットアップしてあります。その日に向かって何が何でも生き、何が何でも成功させる。是が新年の誓いです。ちょっと大袈裟の様ですが。
miyako11.23web.png


話は変わりますが、最近家猫トラ吉との散歩が珍しがられています。というのも、私とトラ吉の歩調が揃っている事、私が遅れると、トラ吉は振り返って私をその場で待って居る事、そしてトラ吉にはリードが付いて居ない事。約15分から20分の散歩ですが、日向ぼっこを兼ねて楽しいひと時です。
PC170137wb.jpg


そのコースにある家庭菜園、カリフラーワー、ホウレンソウ、大根などが植わっています。その中の大根が大きく綺麗な葉を広げている姿に何故か感動した私、ご主人にお願いして数枚撮らせて頂きました。すこし大根が伸びて居る様がとても新鮮で、眼にも清かでした。

PC300379web350.jpg

家に帰った私、何故か無性に野菜が食べたくなり、ごぼう、人参、インゲン、里芋、どんこ椎茸等が入ったお煮しめを元旦を待たずして食べ始めてしまいました。野菜を食べると、不思議に体を流れる血がさらさらする気がします。こうして2014年の幕開けは穏やかに迎えさせて頂きました。今年もどうぞ宜しくお願い致します。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

温泉の効用 [演歌人生]

『湯治場』という言葉、何故か郷愁を誘う秋に相応しい言葉に思えます。 足の捻挫が未だ痛いので、直ぐ近くにある現代の湯治場(?)へ朝早くから行く事に。駅前からはPIKOAの送迎バスに乗って行きます。朝9;40のバスはほぼ満員。聞けば毎朝、同じメンバーさんとか。あら、家族?と思える程仲良しさんです。

kokumosu008.jpg


早速ジェットバスと人工温泉に浸かりました。人工温泉の場所は屋外、所謂『露天風呂』です。太陽の降り注ぐ湯船の中では色々な人間模様が繰り広げられ、じっと耳を澄ませると、何だか切ない話もありますが、あちらこちらで話の花が咲いています。

kosumoku007.jpg


最初は見知らぬ人でも、こうして毎日逢っていると、家族みたいな気分になるから不思議ですね。今の時代だからこそ必要な場所なのかも知れませんね。しみじみ思います。私も、朝から温泉に浸かったせいか、一日中体が軽くて爽快な気分で過ごせました。

mukugetosora400.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

オクラの棘 [演歌人生]

私の住む街、川越市霞が関は最近ようやく改札口が2か所になりました。新設された北口からPIKOAに良く通う私は、バス停で待つ間、時々後にある野菜の無人スタンドを覗きます。昨日は柿、オクラ、冬瓜などがありました。その中からオクラを1袋買いました。
bannkanosora400.jpg


さて、今朝の事です。昨日のオクラを茹でて食べる事に。市販のマヨネーズにすりごまを加えた『ゴママヨネーズ』で頂く事に。まだ若い採れたてのオクラは風味があってとても美味しくて夢中で食べました。
hanatoranoo400.jpg


さて、あと数個でお皿が空になる辺りで、突然喉の奥と右耳のあたりに痛みを感じました。吃驚して鏡で喉の奥をア~ンと観たのですが、何も在りません。今度はうがい薬で何回も何回もガラガラと。しかし痛みは依然続きます。とうとう私、なきべそかいてしまいました。
nobirumukuge400.jpg


その時、鼻が詰まってる感じがしたので、ふう~ん、ふう~んと強く鼻をかむ動作を何回か、すると尾籠(びろう)な話で御免なさい。鼻の中からくしゃみと一緒に若草色の細いものが出出来ました。途端に痛みはすぅ~と消えていました。良く見るとオクラの茎に近い部分、額のような部分でした。、触るとちょっとざらざらと。
soutyousora400.jpg


美味しすぎて呑み込んだとき鼻の方へ? 『恥ずかしい~』。でも見付かって良かったです。やっぱり食事はゆっくり噛んで食べなくていけませんね。次回は冬瓜に挑戦してみようかしら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

若しかして、極楽浄土!? [演歌人生]

湯船に浸かりながら考えました。『本当は今、幸せなのかも知れない』。空には鳥が飛び、心地よい風が湯船を渡ります。家からほど近い市営の温浴施設、ちょっと硬い表現ですが、スパー銭湯のように娯楽は無いけれど、立派なお風呂です。サウナやジェットバス、薬草湯や人工温泉
sora400web.jpg


いつもはお夕方になると買い物ついでに立ち寄りますが、今日はなんだか昼間に行こうと11:40の送迎バスに乗りました。朝風呂ですね。湯船に浸かりながら他愛のない話、でも誰もが気分がいいから笑顔です。伺ってみるとやはり一人暮らしが多いので是も吃驚。亡くなった連れあいとの昔話に花が咲きます。人間って本当はやっぱり優しいのですね。
ndenntyuunohato88.jpg


帰宅して又吃驚、家の外周りが綺麗になっています。草をむしり、木の枝を整え、プランタを整理整頓して、見違えるほどの綺麗さ。2階のKさんのご厚意です。休日なのに半日がかりで手入れして下さったとの事。なんと嬉しい日なのでしょうか。おまけに夕飯は、AK宅でご馳走になりました。やっぱり私、幸せなのですね。
tora400web222.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

巡り合わせの妙 [演歌人生]

長い人生です。沢山の人に出逢いそして過ぎ去って行きました。人生という途方もない大きな川の流れ乗って、此処まで辿ってきた私。今人生最大の急流にさしかかっています。明日の命も知れない一人旅、もう苦しむことは止めました。これから広がる最後の絶景を心行くまで楽しんで、なが~い旅の終わりを待ちましょう。
fjgweb101.jpg


ところで友人のY子さん、少し歳下ですが信頼できる、心豊かな女性です。しかし不思議な事に、かっての職業や、考え方がとても良く似ています。知り合ってから8年程たっているのですが、今とてもお世話になっています。いい人生を送る為には、良き友を持つこと、高校時代の恩師、古文の確か宮内先生が仰った気がしますが、その良き友にやっと巡りあった様です。まるで学生時代に戻った様に夢を語り、人生を語り合います。
tatiaoiweb22.jpg


もしYさんとの出会いが10年早かったら、今回の様な轍は踏まなかったかも知れません。しかし今の窮地にこそ会うべき人だった様にも思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

猫世界も演歌です。 [演歌人生]

最近思う事があります。私って、かなり演歌だな~って。何故かと言えば、まず義理人情が好きです。そして気持ちの伝え方が下手です(これ演歌的だと思いませんか)、さらに貧乏です。
agapannsasu02.jpg


演歌の世界は人の心の内側に秘めた情念をうたいます。恋慕の情も、夫婦の絆もさらりとした口調で、でも心は熱く燃えていている。だから私、人の情けには弱いのです。現代人とまるで反対の人間模様が描かれる演歌の世界に、知らず知らず引き込まれます。最近はまさに演歌を実践して生きているみたいです。

neko033.jpg
一方猫の世界も演歌です。『じゃあ外国の猫は何なの~』、それはちょっと置いておいて。兎に角猫社会にもルールがあり家族があり、本来一匹で行動しているようですが、真夜中の猫会議は彼方此方で見られるし。
上下の関係もしっかりしているし。私の処に来る地域猫や飼い猫ちゃんたちは、喧嘩しながらもけっこう交流したり譲りあったりします。年老いた猫がくると、子供は遠慮して待っています。母親はまず仔猫が優先です。

fff.jpg

また、地域の親切なおばあちゃんやおじいさんにはめっぽう気を許します。そして細やかな気遣いを示して喜ばせて呉れます。こんな猫世界の事、もっともっと知りたいと思う今日この頃ですが。何だか昔の家族の姿思い出させて呉れる彼らにありがとう~。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 演歌人生 ブログトップ