So-net無料ブログ作成

推理小説 [青春の残像]

私は推理小説が大好きでした。今は自分の人生を、いいえ日々の生活を何時も推理しているような気がします。見たものと心が感じたものとの違いに始終悩んでいます。
小菊.07.yy88.1500.jpg

ある日私を射るような鋭い目を見た気がしました。昼下がりの街は大勢の人で賑わい彼女の孤独は誰にも気づかれないま時間が過ぎてゆきます。
小菊.02.yy88.1500.jpg

彼女の目に何が映っているのか、時折私と店員さんお会話を不思議そうに眺めて、また横を向きます。一瞬その目が鋭く光った時、5年という私の歳月が滑り落ちてゆく気がしました。
小菊.01.yy88.1500.01.jpg

私が体験したこのシーン、推理小説のプロローグになれるでしょうか?
小菊.03.yy88.1500.jpg

夕方沢山の小菊を頂きました。友人が丹精している畑で育てた美しい小菊、野趣豊かな小菊達のむせかえる様な甘い匂いが部屋いっぱいになりました。今日も好い一日でした。おやすみなさい。
kogiku.17.yy88.1500.jpg

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

防犯について思う事。 [黄昏に向かって]

先ほど19時50分ごろの事です。来客を示すドアチャイムがピンポンと。嫌な気がしました。郵便屋さん、宅急便さん等も考えられますが、最近多いのはいろいろなセールス。ちょっと怖い気がして息を潜めていました。郵便関係ならドアの郵便受けに何らかの連絡を書き投函する筈なのに、じイ~っとして様子を伺っている感じがしました。私への電話連絡なしの来客は絶対にありません。
野菜11月18日.02.1500.jpg

昼間ニュースでみた個人情報の流失や、新規定。いづれにしても名前や年齢、趣味や家族構成はどんどん流失してゆきますね。買物客へのイベントで出す抽選券、住所・氏名・年齢・電話番号を書かせます。「それなら抽選しません」そう言って帰ってきますが、内心ではとても腹立たしく思います。
野菜11月18日.野菜.03.1500.jpg

NETで買い物や懸賞の応募、アンケート等々。便利さゆえに使いますが、もうプライバシーは殆ど残っていないのでしょうね。その上、お金に関する事件が多い事。災いは自分で守れるなんて誰もがもう考えてはいません。
料理11月18.03.1500.jpg

私も、先月の役所を名乗った不審者の訪問から始まって、最近嫌に玄関チャイムが鳴ります。日中でも怖いのに、夕暮れのしかも人の気配もがまばらな土日の同じ時間の訪問者、心臓に悪いです。昔は家庭の中が安全な場所の筈でしたが、今はそんな訳にはゆきません。「長生きしようとね」と同年代が集まるとそんな事いっていますが、これからの高齢化社会ではますます『防犯』への取り組みが必要かと思います。老人は弱者です。一人ではとても防げません。

※今日の写真は私の手作り料理。今日一日のメニューです。赤い大根、インカルージュという美味しいジャガイモ。玉葱いっぱいのサラダ。健康で仕事続けたいので頑張っています。
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

小さな一歩 [歌人生]

11月9日、かなりの強風が吹くなか両手に沢山の荷物を抱えて私が向かうのは川越駅西口にあるウエスタ川越。その2階にある音楽室が目的地です。午後から開かれるある講座の講師で伺います。
PA100118.yy88.1500.01.jpg


この講座も今年で2回目、場所は違いますが昨年も開かれました。歌と健康がテーマです。長年かかって実践、体感してきた自分の経験がお話しできたらと、座学と実技で構成します。
PC120111 (1).yy88.1500.jpg


今回も抽選で選ばれた方々を前に2時間の講座が8回続きます。最初は受講者の方も私も緊張の中でのスタートですが、大きな笑いが音楽室に轟き、その空気は一変します。笑い声の種はクイズ。三択のクイズは私の名前の由来。
P4200302.yy88.1500.jpg


こうして講座が進みます。失敗もあり反省点も沢山ありますが、長く続けてゆきたいです。歌あり、お話あり。時々感激の涙もあります。講座への準備は約3か月、沢山の資料も読み課題曲を探して覚えて。学ぶことの楽しさを体感していただき、歌が好きになっていただき、健康に少しでも寄与出来たら最高です。


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

器用貧乏 [夢半ば]

自分でいうのも可笑しいですが、案外器用な私。手芸も洋裁も料理も仕事も。そこそここなしますが、飽きっぽい性格が災いしてその道での大成は出来ないまま気が付けば…。しかし最近になってようやく進むべき道が見えてきた気がします。
P1250296 (3).yy88.1500.jpg


今までは何をするにもお金の裏付けがあって出来ましたが、今はそれは有りません。なにをするにもお財布と相談しての事ですから、臆病になっています。教室も4年目を迎え、何らかのイベントをというご意見やアドバイスも出ているのですが、主宰する私に経済力がない限りすべては机上の空論。
P1250293.yy88.1500.jpg


しかし全く無策という訳でもありません。それは『拘りを捨てる』という発想の転換から何かが生まれる、今そんな気がしています。『歌』を教える事が今の仕事ですが、そこから枝を伸ばせる事が出来たら、ふとそんな思いがふつふつと湧き上がる今日この頃の私。
006 (1).yy88.1500.01.jpg


そのきっかけになる出来事があります。今月から始まる公開講座。昨年に続いて『歌』がテーマですが、今回はそこに健康という言葉が増えました。確かに『歌う事』には理論以上のミステリアスな効果がある様な気がします。夜も更けて来ましたので今夜はこれで。おやすみなさい。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

銀杏と小菊 [黄昏に向かって]

私が秋を好きな理由には豊富な果実や風の色にあります。。四季それぞれに風の色はありますが、秋の風はススキの穂のように控えめで優しい色。そんな風に吹かれる頃、山の紅葉も、凛として咲く大輪の菊も、生垣に咲く白やピンクやクリーム色の小菊達も特別のお洒落をした貴婦人の様。
小菊3.yy88.1500.jpg


秋の日々は夕陽も綺麗です。夏の日のようにギラギラとは燃えないけれど、ビルの谷間にのぞく山の向こうの空は茜色に燃え、私はその色に明日の生命(いのち)を願います。秋には春のような躍動感は無いけれど、黄昏に安らぎを覚えるのは私だけでしょうか。
小菊2.yy88.1500.jpg



教室の窓から夕焼けが沈むころ、Yさんが大きな花束を抱えてエレベーターを昇って来ました。見ると淡いピンク色の小菊です。一抱えもあります。聞く特有の強い匂いが部屋いっぱいに。花が大好きな私は大喜びです。
小菊1.yy88.1500.jpg



そしてもう一つの紙袋には銀杏がびっしり。綺麗に粒の揃ったとてもきれいな銀杏。早速皮を割り大きなフライパンで転がしながら炙りました。ここにお猪口があったら絵になるのに…。ふと思った私です。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ミニミニライブをもう一度。 [夢半ば]

11月です。6枚綴りの大きなカレンダーは最後のページ。いよいよ今年の正念場になります。去年の11月は大転倒をしてしまい辛い一年でした。災い転じて長い間に伸びていた八重歯が折れて新しい歯が歯医者さんの手で生まれ変わりました。見た目も良くなり喜んでいたところ、少し食事の量を減らしたら早速顔に小じわが目立ち始めました。
P2031361.yy88.1500.jpg

『老いても相応の美しさが欲しい』と、私も人並みにそう思いました。しかし怪我がようやく治った近頃、鏡を見たくない程の老け顔。相応の努力はしているつもりですが、仕方がないとしか言いようがありません。
CIMG4389.yy88.1500.jpg

さて今月から去年同様公開講座がスタートです。今日でレッスン曲が決まり、レジメも印刷するだけとなりました。あとは体調を万全にするだけ。去年の講座の模様を思い出してみるといろいろ戸惑いもありましたが、概ねは楽しかったとのご意見でした。カルチャーでの講座や、以前定期的に催した小さなライブでの経験が役立ったのだと思います。
CIMG2314.yy88.1500.JPG

実は私、来年からは受講者さんへの指導の他、やっぱり小さな小さなライブを定期的に催したいと思っています。大きな催しは人員も費用もかかるので、今の私には無理なのですが、ライブハウスなどがお借りできれば一味違ったライブになると思います。夢だけで終わらないように体も鍛えて頑張りたいと!


nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

訪問者は誰、誰なの [黄昏に向かって]

秋晴れの今日、きっといい日になると信じていたのに、朝からひどい事になりました。介護保険の引き落としが確認されないと訪問者。着替え中ですと断っても大声で喚き散らした後「ドアを開けて顔を見せて下さい」と怒鳴ります。私が警察呼びますと言ったら帰りましたが。実際は何処から来た人だったのでしょうか?
P1281098 (1).yy88.1500.jpg

人は生まれてきた時、善なのか悪なのか私にはわかりません。子供の頃路上で拾った一円玉や五円玉を交番に届けていた私達世代。そんな世代の私が社会の中でひっそり暮らしています。しかし今の時代、弱者は悪にかかったら美味しい餌。『喧嘩に勝つには弱いものと喧嘩する事』。意味不明と思われた言葉ですが、社会の風潮も何だかそんな具合?
P5230211.yy88.1500.jpg

明るく住みよい街にしたい! 夢みたいな私の理想なんて権威や悪の前にはもろく崩れてしまいそう。長生きも好いけれど、弱者を守る世の中になっていなければ夢は叶いませんね。そんな事、考えさせられた一日でした。夫の急死した後の嵐のような恐ろしい日々。債権者と名乗る亡霊が昼間から家の周りをゾロゾロ。二度と見たくない悪夢です。
PC070488 (3)ps77.1500.jpg

秋の日は釣瓶落としというけれども、私がこの街に来てまだ2年。冬から秋までを2度繰り返しただけです。あの頃の亡霊はもう出ない筈でした。しかし近頃、権力という名の亡霊より恐ろしい生霊が暴れ始めました。言葉では理解し会えない相手ですから私の命はもう風前の灯。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

歌びとのつれづれ [歌人生]

自炊という言葉、今はほとんど使われていないのかも知れませんね。何時か書いたのですが、私の家は下宿屋をしていました。当時の学生さんは自宅から通うか、下宿をするかアパートを借りて自炊しながら学校に通うかだったように思います。
P5230229 (3).yy88.1000.jpg

何故急に自炊の話題になったのか、自分でも可笑しいのですが、今の私の生活は何だかその頃の学生さんたちの暮らしぶり、その中でも自炊をしながら勉学に勤しんでいたあの青春に、ふと似ているような気がしたのです。
P3310406 (2).yy88.1000.jpg

初老の女性でも以前は主婦でしたので、三度の食事は普通に作れます。しかし一人暮らしになると食事イコール料理とは行きません。三回に一度ぐらいはしっかり料理しますが、TVを見ながらPCを打ちながら食事をする態は何だかあの時代の若者像が浮かびます。
P4060615.yy88.1000.jpg

あの時代の青年たちは純粋で情緒があり、情熱的で慎ましやかだった。失礼だったらごめんなさい。思い出に出てくるあの人、この人。どんな人生を歩まれたのでしょうか。私は後悔半分、幸せ半分の人生でした。最近同じ世代の方々がどんどん減ってゆきます。これはもう恐怖。しかし現実です。
P6280214.yy88.1000.jpg

そんな日々にあって目の前の事を一生懸命に追いかけていると、恐怖や不安も一時的には消え、小さな小さな幸せ求めて頑張っている自分がいます。可愛い猫達とも同居は出来ませんので、今日も明日も写真の猫達との会話を楽しんで暮らしています。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

雨ん中 [歌人生]

寒いです。寒すぎます。今日は15℃ほどの気温しか上がらないそうですが、急な気候の変動で体調を崩してしまいそうになります。全てが自己管理、自己責任でしょうが、世界中のあちこちで起こる気候変動にはこれから先の不安を大きく募らせまっす。
P4060601.yy88.1500.jpg

さて川越祭りの興奮からもう3日が過ぎました。これからはすべて来月から始まる公開講座への準備になります。全8回の配分、原稿は書きませんが、受講者さんへのレジメはしっかり作ります。昨年に引き続き2度目になりますので、時間の配分などは大丈夫かと思いますが、説明のためにホワイトボードに描く図についてはこれから練習です。
P4060626.yy88.1500.jpg

そういえば図で思い出したのですが、小学生の時、ポスターが入選したことがありました。予防注射の呼びかけのポスターでした。あの頃は絵画というより今でいうPOPみたいな感じの絵を画用紙によく描きました。また全く反対の墨絵風の竹林をお習字の墨や朱で描くのが好きでした。竹の絵にはたいそう拘ったきがしますが、今はその片鱗は全くありません。幾つのなっても人生はチャレンジ!雨の一日、皆様もお健やかにお過ごしくださいね。
P6050051 (2).yy88.1500.jpg

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

何時だって独り言。 [黄昏に向かって]

一人暮らしももう5年、そろそろ限界かなって感じる日もあります。しかし何かに夢中になるとき、あぁ~独りで良かった!と思います。
PA140266.yy88.1500.jpg

体中が軋むような音を立てて痛む日もあれば、足の先まで血が通い立ち振る舞いが軽やかな日もあります。これが加齢現象なのでしょうか。
PA140274.yy88.1500.jpg

川越に暮らして43回目の秋です。そして秋も深まった昨日と今日は川越まつり、参加は出来ませんが見物は充分できました。空模様を心配していましたが、幸い昨日は曇り空でしたが、沢山のお見物客に混って祭りに酔いしれる事ができました。お囃子の音が今も耳に残るようです。
PA140294.yy88.1500.jpg

来年も再来年も見物の群れに混じれるかどうか神のみぞ知る。でも生きる事は素晴らしい事。そしてたまには独り言で自分を励ますことも生きる知恵だと信じて、人生の最終章に突入したいと思います。(写真は川越祭りに参加した徳川家康の山車です。撮影2017.10.14)



nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:地域