So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
青春の残像 ブログトップ
前の10件 | -

ところ変われば…。 [青春の残像]

幼い頃の話なら10分も話せば種はなくなってしましますが、成人してからの行動や思考については今でもよくわからないところがあります。現在の私はどのあたりの私と似ているのかと考えてみると、案外中学生の時代の一番真面目だった頃によく似ている気がします。勉強がすきな努力家。でもちょっぴり夢見がち。
P4200330.1500.jpg

あの頃の我が家は大隈講堂のある大通りと早稲田通りの間にある住宅地の中にありました。家の前はホームランというお寿司屋さん。左隣はクリーニンング、その他理髪店に酒屋さん、婦人服のお店、ペンキ屋さん。家は細長い敷地の上に表通りから裏通り迄続く長細い2階建ての建物で、下宿屋さんを営んでいました。
karugamo.03.1500.jpg


30歳まで住んでいましたからもう44年の歳月が流れていますが、ふとタイムスリップすることがあります。思い出が深いのは何といっても祖母が健在だった小学生の頃。縁側に座って物売りのアサリやさんと話す祖母の姿が浮かびます。その頃祖母の白い髪は断髪でした。浅利売り声が今でも思い出せます。
live10_img07.a[1].jpg


アサリ屋さんは浦安から来ていたと祖母から聞かされていました。その頃の母は昼は喫茶店、夜は料理屋さんで働き私と祖母を養っていました。私が眠ってから母は帰宅するのですが、時々大きな折り詰めをもって帰宅し、夜中に私を揺り起こします。翌日大きな鯛を祖母にむしってもらい食べた記憶があります。昼間の母は美容院へ。
karugamo.02.1500.jpg



家には時折呉服屋さんや紺屋(こうや)さんが来ます。玄関近くの座敷一杯に反物を並べ、母はしきりにその反物を肩にかけ鏡を覗きます。どれを買おうか迷っている姿を私はじっと見ていました。10代の頃になると、母は「都ちゃんどれがいいの?」機嫌がいいと私や祖母に新調して呉れる母でした。晩年、母は家一軒分では利かないくらい着物を作ったと言っていました。この紺屋(こうや)さんとは染物屋さんの事です。着飽きた着物はもう一度染め直して仕立て直して着るのです。私の羽織も母の着物を染め直したものでした。
IMG_0727.01.2016.09.yy88.jpg


最近、私の住む川越では着物が大ブームです。観光客の方も着物で散策したり、逆に市民も着物で各地へ出かけ交流したりと。幼い頃からぽっくりや下駄を履いて遊んだ私、勿論大の着物党です。しかし着物は購入も高価ですが、それに伴う付属品の準備にも費用が掛かります。しかし今の私の暮らしぶりではとても高価な着物を買う力はありません。街着と言えども大島や結城などの紬はそうとう高額になりますし、帯も着物に合わせ季節ごとに変えてゆくので、普段着としてはなかなか着られません。そんなことあんなこと考えるとまた母の艶姿が目に浮かびます。ちょっとばかり神様、恨んじゃおうかしら。
karugamo.01.1500.jpg


和服の母と歌舞伎座や、新橋演舞場へ。浜町の明治座へは新派を観にしばしば通いました。その為に家でも着物を良く着せられていました。しかし何の因果かこの着物ブームの街に住みながら、全く着物を着ない私。最近はステージも出ませんから本当に着る機会が無くなってしましました。なんという皮肉な運命かと嘆いた事もありました。しかしそれが運命とあれば仕方がないですね。
1383420_567679999994480_802990513_n.jpg

母のタンスには今でも母の着物が沢山ありますが、手入れせずにはもう着られないかも知れません。そこで数年前から冬になると掛布団の上に好きな着物を掛けて寝る事に。正絹ですからとても暖かく、優雅な気分に浸れます。でもやっぱり何時かは髪をきりりと結って、母が好きだった履き心地好いあの草履を履いて、足袋はええと…舞台や踊りでは4枚こはぜを使います。何を言っても負け惜しみにしか聞こえませんね。でも母は言いました、人間は意地を持ちなさい!意地を。そうですやり通す意地を持たなくては夢はかないませんよね。
なのでいつになるか分かりませんが、この街で着物姿で歩く私が居るかも知れません。最後まで読んで頂いてありがとうございます。つい興奮して長文になりました。





nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

小さな春みっけ! [青春の残像]

ぐっすり眠った後の目覚めは最高です。それでも若い時分とは違ってそのまま昼頃まで寝てよう~、いいえ今はそんな馬鹿な事は致しません。
P3170176.yy88.1500.jpg

朝食もそこそこにして庭に出ました。小さな庭ですから急ぐ必要もないのですが、鳥の声が気になったのです。出来れば撮りたいと思いました。しかし燐家の塀から飛び立ってしまいました。
P3170178.yy88.1500.jpg

仕方がないので見えるものを次々撮ってみました。小さな紫陽花の新芽。朝日を浴びてとても綺麗です。次はあの可愛い実をつける多分グミ。これも若葉が伸びだしていました。今年も小さいけれど甘いグミ、なったら嬉しいな。
P3170181.yy88.1500.jpg

そうそう庭の真ん中、珍しいあの低木も新芽の真ん中が白い花の蕾のように膨らんでいます。実はこの樹は柏葉アジサイというそうです。確かに葉が柏餅に使う葉っぱに似ています。でもこの時期の葉の状態は新芽だからでしょうか、グリーンではなく茶色や黄土色などが混じっています。
P3170180.yy88.1500.01.jpg

その次に撮ったのは最近建ったマンションの脇にある多分シュロ。しかしこの樹、すでに建物の4階ぐらいまで伸びていて、唯一太陽を浴びて更に大きく手を開いています。
P3170184.yy88.1500.jpg

朝のひと時、春の陽を浴びながらシャッター切る瞬間は、充分な自己満足の世界です。しかしその後には花粉が目まで入って痛い!痛いと。ああこれが現実。やっぱり私はドジなのですね。今夜はこれでおやすみなさい!


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

能楽堂への想い。 [青春の残像]

春の嵐が吹き荒れた昨日今日、幸い私が住む川越地方は穏やかな天候に恵まれました。少し早い時間に教室を出て八幡神社へお参りしました。この神社へは此処に転居以来よく来ています。静かな佇まいが好きです。
P3020918.yy88.1500.jpg

日暮れ間際の参道には蝋梅や梅の花が咲いていましたが、写真を撮るには時間がすこし遅すぎたようです。その後デパ地下で紅シャケのお寿司を買って帰宅。深夜になってからTVで歌舞伎の玉三郎さんの番組を観ました。
P3020923.yy88.1500.jpg

私の母は歌舞伎や新派の舞台が好きでしたが、若い頃の玉三郎さんも大好きでした。その玉三郎さんの解説で踊り『藤娘』の舞台を観ました。私も小学生の頃日本舞踊を習っており藤娘はほんの少しだけ教えて頂きました。三郎さんの解説の中で能の話になり、大曲の観世会館の名が出てきました。私は余りの懐かしさに一瞬戦慄が走りました。
P3020919.yy88.1500.jpg

観世会館のある大曲は毎日乗った都電の停留所があります。電車は停留所を大きく回り上り坂になります。その次の停留場が伝通院です。私はこの電車に乗り伝通院にある女学校に通っていました。女学校の授業で何回か観世会館で能を見物した気がします。半世紀という大きなスパンで一瞬にしてタイムスリップ。まさに夢のような時間でした。玉三郎さんの踊りも素晴らしく、この時間だけはPCの手を休めて見入りました。最高の料理を食べる至極の刻をも超える濃密な時間でした。




nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

八重狐、その謂れ [青春の残像]

氷上の演技を見ていると、なんと人の体は美しいのかと思います。同じ女性に生まれてもこんなに美しく生まれられる人は、やっぱり心も美しいのでしょうね。
P4150342.yy88.1500.jpg
さて先日『八重狐』って決めたのですが、あれから思い直して『八重の狐』にしました。そう言えば一昨日もお稲荷さんを食べました。急に食べたくなったのです。でも油揚げは元もと好きなのです。フライパンで焼いて、晒したネギを載せお醤油をちょっと。本当に美味しいですね。昔は祖母も生揚げやがんもどきをよく煮て呉れました。
P4140322.yy88.1500.jpg
さてその狐への想いは実は母にあります。東京から引っ越してきた家は目の前が公園でした。その公園にある樹齢50年ぐらいの大きな八重桜。『きっと桜の精が棲んでいるのね」と母がいいます。「やだ~怖いわ、お母さん!」と私。「あら怖いの、素敵じゃない、あたしそう思うわよ」他愛ない母娘の話です。
P4140304yy88.1200.jpg
時は過ぎて幼子のようになった母は静かにこの世から去って終いました。その時私は59歳、もう立派な大人です。夫もいました。けれど身を裂かれるような想いは今でも変わりません。母が命を懸けて私を守り育てたように、それ以上に私は母を愛しまなくてはいけなかったのに…。後悔の念は一生拭えません。
P4140283.yy88.1500.jpg
それ以来、母は私の守護神であり師匠であり閻魔様でもあります。この世に残していて来た不甲斐ない娘を母はどんな思いで眺めているのでしょうか?
P4110085 (2).yy88.1500.jpg
以前の家を去る時、気のせいかあの八重桜が傾いていたのです。大きな洞があり野鳥たちがその羽根を休めたり、虫を啄んだりと。私はあの3年間、この樹の傍で暮らしていました。夜は目の前にある家に戻りますが、日長一日、この樹の傍で猫や鳥や蝶や花達と遊んで暮らしました。
P4120128 (2).yy88.1500.jpg
そして母に語り掛けます。この洞にいるのはお母さん? 引っ越しの日、夜逃げではないのに家具の殆ど、衣類もコートも冷蔵庫も、電子レンジも大きな机もすべて。大切な100枚入りのMiyakoのポスターまでも置き去りに。
P4130191cc.yy88.1500.jpg
其の後家は壊され今は立派な家が新築されたと聞いています。行ってみたい!でもいつも思うだけでやめます。そんな訳で川越に来た昭和50年から馴染んだあの八重桜、母の姿を重ねます。その洞には母によく似た美人の狐がすむそうな…。これが『八重の狐』謂れです。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

推理小説 [青春の残像]

私は推理小説が大好きでした。今は自分の人生を、いいえ日々の生活を何時も推理しているような気がします。見たものと心が感じたものとの違いに始終悩んでいます。
小菊.07.yy88.1500.jpg

ある日私を射るような鋭い目を見た気がしました。昼下がりの街は大勢の人で賑わい彼女の孤独は誰にも気づかれないま時間が過ぎてゆきます。
小菊.02.yy88.1500.jpg

彼女の目に何が映っているのか、時折私と店員さんお会話を不思議そうに眺めて、また横を向きます。一瞬その目が鋭く光った時、5年という私の歳月が滑り落ちてゆく気がしました。
小菊.01.yy88.1500.01.jpg

私が体験したこのシーン、推理小説のプロローグになれるでしょうか?
小菊.03.yy88.1500.jpg

夕方沢山の小菊を頂きました。友人が丹精している畑で育てた美しい小菊、野趣豊かな小菊達のむせかえる様な甘い匂いが部屋いっぱいになりました。今日も好い一日でした。おやすみなさい。
kogiku.17.yy88.1500.jpg

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

星のイヤリング [青春の残像]

小さな星屑のようなブルートパーズのイヤリング。ふと目に留まった乙女チックなイヤリングを買いました。誕生日の記念です。私には不似合いの気もしましたが、この夏の思い出にもなると思って…。
CIMG3038修正1 (2)2014.3.22.yy88.1500.jpg

兎に角、悲喜こもごも暑い夏も終わり、明日からは9月。数日かけて4年目に入った教室の資料を作成しました。2日もかかってしまい自分でも吃驚です。
P5010003.yy88.1500.jpg

この程度の書類ならどう考えても1日、いいえ半日で作れた筈なのに。分厚い提案書だって、印刷屋さんへ依頼するチラシの原稿だって、こんなには掛からなかった筈なのに。そしてまた落ち込む私。おまけに信じられないアクシデントが続けて2件起きてしまい、ますます弱気になったまま一夜が明けました。
P3280041.yy88.1500.jpg

それでも案外目覚めよく朝を迎えた今日、しかしその爽快感も数分で敗れました。喉がひりひりガラガラ。幸いなことに31日の今日は教室はお休み。そこで仲良しのⅠさんに連絡し二人でトンカツを食べに行く事にしました。
CIMG1144.yy88.01.1500.jpg

ランチタイムなのですが、今日は奮発して分厚いメユーのトップページの中から選びました。大きなエビ2尾とジューシーなヒレカツの盛り合わせ、シジミの味噌汁までお代わりして大満足した私達でした。その後教室へ戻り彼女の提案でオールデイーの数々を熱唱。二人はもうすっかり乙女気分。
kosumosu.1.yy88.02.1500.jpg

興奮も治まった今宵、例によってパソコン開く私です。心の中から苦虫も弱虫も退散した心地よい時間を過ごしています。あの小さなイヤリングに掛けた星の願いのお蔭なのか、友情のお蔭なのか。とにかく明日からの秋に期待一杯の私です。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

乗りそびれた列車 [青春の残像]

今日は線路のお話。もっと詳しく言えば線路のそばで男と女が別れたお話です。あれは本当に遠い日の事。東京から川越にお嫁に来たのは23歳の時、今の川越郊外の造成地に作られた団地になります。まるで絵にかいたような郊外の一戸建て。広い庭には紫陽花やあの双葉より芳しと詠われた大きな栴檀もありました。
P6260021.yy88.1500.jpg

結婚式を挙げる少し前にこの街に来た我儘娘が主婦になったのです。しかし12歳という年の差もあり、主婦業は思っていたほどの楽しさもなく、退屈が高じて次第に東京が恋しくなりました。東京の家からは都電に乗ると銀座まではそうかからず行けました。その頃40代の母は私を連れて銀座によく行きました。和装の多い母は草履や帯揚げ足袋を買い、私にはコックドール(月ヶ瀬)でパフエーなどを食べさせてくれました。
P6221273.01.yy88.1500.jpg


そんな訳で嫁いでは見たもの周囲は見知らぬ人ばかり、しかも経済感覚の薄い私は預かった月給も20日余りしかもたず、あとは毎日同じおかず(いんげんの炒め物や、ごまよごし)が食卓に載るしまつ。私はとうとう癇癪起こし実家に帰る事になりました。
P6221203.yy88.1500.jpg


駅までも道は商店もあまりなく舗装もありません。消防署を曲がるとそこはもう駅のそば。小さなボストンひとつ下げて、上りホームに出た私。程なくして上りが来ました。その時私は見たのです。線路の柵の向こうで夫が何かを叫びながら手を振っている姿を。ちょっと可哀そう~と思った私。僅かなシーンなのですが、不思議に印象深い青春の一コマ。
P6221276.yy88.1500.jpg

そしてその後は可もなく不可もない人生が20年以上過ぎ、私と母は東京を去り川越に移転していました。私はそこから都内まで仕事に通っていました。6月のある日、鶴瀬という駅で降りた私、その日開かれる講演会に行くためです。会合も終わり出口へ向かう人波にもまれていた私の携帯に、メールが入りました。「出口で待つ」ただそれだけの。急いで出口に行くとタクシーに乗り込むメールの主が目に入りました。私も急いで乗り込みます。一瞬周囲のざわめきが聞こえました。
P6251410.yy88.1500.jpg

私ちょっと優越感を感じました。つまりそこに集まった大勢の羨望の的になった訳です。10分程して車を降り、駅前の居酒屋さんに入った私たち。その方と向き合って座ったの初めての私は、すこしドギマギして意味不明の話をしたように覚えています。小一時間の後、私たちは駅の階段を上りフォームに立ちます。私は下り電車、その方は上り。暫くして下りがきたのですが、私は乗りませんでした。それを無視する二人。やや暫くして今度は上りが来ました。「じゃ、乗るよ」と私に告げて、上り電車に乗った人。
P6221288 (2).yy88.1500.jpg

だだこれだけの事、ただそれだけの話。駅のぼんやりした灯りと、少しぶっきらぼうなでも答えを待つような、あのイントネーション。今となっては私の妄想かも知れません…。でも私、本当は後を追てあの列車に飛び乗りたかった!              
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「むすめすさほせ」 [青春の残像]

「瀬を早み ~」、「はい」…。今日は遠い遠い日を思い出しました。かなり小さい頃から母と百人一首をして遊びました。と言いても勝つのは何時も母。私が読み上げ始めると数秒かからず返事がありその手にはもう絵札があります。
P6170158.yy88.1500.jpg

母の晩年、認知症になってもしばらくの間「一枚札は むすめすさほせ だからすぐ覚えられるのよ」と言って「瀬を早み 岩にせかるる …」等と詠んでいました。その頃私は百人一首に出てくるようなたおやかな恋がしたいと、大人になっても思っていました。いいえ結婚してもそう思っていました。
P6170163.yy88.1500.jpg

さて、恋の事はさておいて、私の身辺では断捨離が流行中。それと同時に自分が先立った後の連れ合いの生活(暮らし向きの事ではなく暮らし方)、平たく言えば料理洗濯など家事一般の事を心配して日々特訓中のご夫婦もいるのだとか。
P6170154.yy88.1500.jpg

最近は心配する側が反転して女性が心配する側になってるのには何だか不思議。でもその現象って、妻の方が夫を愛している、そおいう事になるのでしょうね。私の場合も先に逝きたかったです。見送ってもらった方が寂しくないからです。でも叶いませんでしたけど。
P6170144.yy88.1500.jpg

今夜はこの辺で、明日は仕事になります。おやすみなさい。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

寡黙の女(ひと) [青春の残像]

P4210098.01a.1000.jpg

寡黙という言葉、ミステリアスでありますが、調べてみたら古くは<未亡人の口数が少ないさま>を指す場合もあったようです。確かに未亡人か否かに関わらず寡黙の女性のほうが好感度が高い、すこし俗っぽく言えば「もてる」場合が多いらしいですね。
P4210100.01.1000.jpg


さて私の場合、寡黙の女(ひと)であることへの憧れはあるものの、あまり好きではありません。人間関係を保つ努力には『話し合って、解りあう』我が人生はそれを真面目に頑なに実践してきました。しかし会話が邪魔になる時ってあるのですね。、そういうシチュエーションに居合わせたとき、寡黙であることが大人の会話なのかぁ~とふと思いました。
P4210102.01.1000.jpg


昨日の事です。場所は近所の和食やさん。知人と食事をする私の姿がありました。ビールに日本酒少々では宴が盛り上がる訳もありませんが、内容はかなりシビアです。私の専門である歌談議に熱弁が飛び交う一方、私の心は楽しさとは裏腹に我が身の無力さを嘆いていました。
P4210103.01a.1000.jpg


ふと見るとまさかの光景、いつもは少しきついほどの眼力(めじから)がその時、全く別人と思わせるほどの慈愛の目に思えたのです。僅かな経験で『寡黙』を語るにはおこがましいのですが、口を挟まず寡黙になって聞く人になりきることが、心に同期出来る。それが幸せへの入口なのかもしれない。ふとそんな気がした春の宵でした。
P4210109.01a.1000.jpg


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「綿入れの着物」 [青春の残像]

青春という言葉に少し妬みを覚える今日この頃、でもね、私にも青春ありました。しかし今となってはその時代を語るにはあまりにも遠する、ようやくその現実が分かってきた気がします。
P4010226.01 (2).aa.1000.jpg

2016年の年が明けた時、多分きっといい年になると確信していました。そして10カ月が過ぎてみれば確かに可もなく不可もなく無事過ごして来ました。11月に入ったとたん、はっと気が付いたことが、そうです、実はかなり寒いのです。そのため10月末から湯たんぽ使っています。でも起きている時間はやっぱり寒い。いくら着ても寒いのです。

P5240025.01.aa (2).1000.jpg

エアコンは一台。買う気も買う気力もありません。そこで考えたのが雪国の友人宅で着せてもらった、綿入れの着物のような「どてら」のような衣服。あれだったら温かくて可愛くて、今の私にぴったりと思うのですけど。友人は当時新潟県に転勤の夫と暮らしていました。そこで着せて頂いたあの綿入れの着物。
P5130028.01.aa (2).1000.jpg

室内用のガウンやウエアーがありますが、懐かしい着物をリメイクしてきてみたい!それも自分で作りたいと考えています。ストーブや電気炬燵もいいけれど、日本文化の着物が姿をすこし変えて「寛ぎ着」になるなんて、素晴らしいとは思いませんか。この冬挑戦してみます、そこで「縫い針通し」買いました。まさに文明の利器。頑張ります。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 青春の残像 ブログトップ