So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
黄昏に向かって ブログトップ
前の10件 | -

思いがけない結果です。 [黄昏に向かって]

焼けるような日差しの中、庭の白い花だけがとても元気です。一方の私はひたすら部屋の掃除と洗濯。梅雨の晴れ間は貴重ですものね。一仕事終えて簡単な食事を済ませた私は今日もPCとにらめっこ。今日こそ、白い花の名称を必ず見つけるつもりで。
P6090336.yy88.02.1500.jpg

ところが案外すぐに判ってしまいこれには吃驚。胸のつかえがとれた私ですが、同時に逢いたい人にやっと会えたような細やかな感動を覚えました(笑)。なんという事でしょう、この白い花は紫陽花の仲間だったのです。今までが手入れしていないので今回は一房だけでしたが、来年にはもっと咲かせてみたいと。
P6090339.yy88.1500.jpg

そういえばこの花、雨の中で見ると色鮮やかでとても綺麗です。大きな葉は柏餅の皮ににていますが、こちらも新緑が陽に映えて美しい姿です。今年の紫陽花は小ぶりな花を10輪咲かせましたが、ニューフェイスの『カシワバアジサイ』についつい見とれてしまう私です。秋には紅葉するようですので、これも楽しめそうです。
P6090337.yy88.1500.jpg




nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

待っていたのです…貴方を。 [黄昏に向かって]

2週間ぶりの連休です。体調は今一つと言うところに。幸いお天気も上々なので先ずは洗濯、つぎに大掃除。朝ごはんは野菜たっぷりなスープとマンゴプリンで済ませました。久しぶりの穏やかな朝です。
P5260562.yy88.1500.jpg

洗濯を干そうと外に出ると、5月の太陽と悪戯な風が青葉を揺らしています。その時僅かですが白い小さな蕾を見たような気がした。慌ててカメラを構えてシャッターを切りました。PCで確認するとやっぱり花です。まん丸な蕾が小さくてラッパのような花になり沢山咲いています。
P5210493.yy88..1500.jpg

私はなんだか急に眼がしらが熱くなって、だって私この日を待っていたのですから。去年の梅雨の頃でした。目を覚ました私は変な臭いを感じ庭に出ました。すると、すっかり景色が変わった庭の姿に吃驚。
P5260548.yy88.02.1500.jpg

隣家から大きく張り出した枝がバッサリ落とされ、私の庭の中央に大量の惨害が捨てられ、青々と茂っていた木の上に伐採された枝が山積されていました。さらにブロック塀の外側にある枝を全部切られた樹の姿にも吃驚。丸裸にされ幹まで削がれていたのです。何か狂気を感じて怖ろしいと思いました。
P5260559.yy88.1500.jpg


庭の中央にある名も知らない低木は、柏餅の皮に似た葉をつけますが、いくら調べてもその名は分かりませんでした。秋になり薬剤散布でしなだれたままの葉も少しだけ色づき、いつの間にか落ちて冬枯れになっていました。しかし驚いたことに、春になると新芽が吹いてきたのです。その生命力に驚きましたが、そこには命を繋ぎたい、そういう樹の心があったのかも知れません。そして5月も終わりに近づいた今日、一つだけ伸びた房に小さな花が見つかりました。
P5260556.yy88.1500.jpg

私はちょと目頭に熱いものを感じました。感動というのか口では尽くせない思いです。待っていたのです私…、あなたのことを。5月の太陽を浴びて私は樹にそう囁いてみました。

 補足:すみません今回も間違って画像なしにUPして。気が付いて一部修正加筆して再度UPさせていただきました。


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

迷い道 [黄昏に向かって]

ご無沙汰いたしました。病というほどでも無いのですが、胃痛に眩暈に悩まされていました。5月病でも暑さのせいでもなく単なる我儘が原因だと思います。そんな中でも不思議に食欲は残っていましたので、命とは悲しいものです。
P5190454.yy88.1500.jpg

今しがた迄YouTubeで歌を聞いていました。胃酸で喉まで傷んでしまったらしく、声を出す事に躊躇してしまいます。家ではあまり声も出さず、歌も聴くのみのです。先々への不安もありますが、先のことは分かりませんね。
P5190463.yy88.1500.jpg

しかし精神的には回復しています。小さな庭に小さなグミが実ったり、名も知らない『柏餅の葉』に似た葉を持つ低木に、花のような房が出てきたり、去年は2輪しか咲かなかった紫陽花が6輪もの花をつけてり、だたそれだけなのに命の息吹を感じています。
P5190442.yy88.1500.jpg

昨日のことです。教室が終わって駅前のデパ地下へ行きました。キャベツが欲しくて。するとまた偶然にSさんを発見。大恩人です。お嬢さんとご一緒でした。もとは猫友・犬友の仲でした。6年前から転居までの3年間、私から飼い猫に至るまで大変大変お世話になった方です。
P5190466.yy88.1500.jpg

立ち話なのでほんの数分ですが、お嬢さんも交えて世間話。なんだか急に体の力が抜けて胸の痛さも治った気がします。そうなのです。人生という果てしない道で迷ったとき…昔の自分に出会うと人は、いいえ私は、内なる本当の自分に気付けるのかも知れませんね。
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

今こそ『歌』を。 [黄昏に向かって]

哀しみは深いほど泣くことは出来ません。夫を失った時も、母の時も。しかし祖母の時だけは大泣きに泣きました。その時、私は17歳。祖母にすがっていつまでも何時までも泣きました。しかし母の時は泣く力さえ無い程、憔悴しきっていました。夫の時は事情が違っていたので、涙より不安で一杯でした。
P5270021.1500.jpg

さてその後も紆余曲折の人生ではありましたが、今回のことで人の心が少しだけ見えてきました。川越はご承知のように観光の街に変貌しつつあります。物凄い活気に満ち溢れています。そのような時期にオレオレサギや広告サギの件は好ましくないのですね。たしかにそうかもしれません。穏やかな街・安心して過ごせる街だからこそ観光客は来て下さるですものね。それ故、私の災難は街からみれば迷惑な話しになります。
P6221282.01.1500.JPG

さて、そうこうしているうちに5月も早半ば『うかうかしている』とあのうっとおしい梅雨に入ってしまいます。成功の秘訣は運と努力とタイミングだそうですが、まさに私は大概の場合、運はとっても良い方です。努力も人並みには致します。しかしタイミングの取り方、これはとても下手です。せっかちですから。早すぎるのです。一言で言うなら風が読めないのですね。
P5270004.1500.02.jpg

私の人生、余すところどの位あるのか解りませんが、やっぱり急がないと。この10日間は『まさかの詐欺騒動』でしたが、これは私の中では既に解決しました。そこで中断していた体験講座や新しい試み、昭和歌謡を歌う会、それぞれを最初から組みなおそうと考えています。あせらず一歩一歩確実に進めたいので、すこし時間はかかりますが、自分の感を大切に進めようと思っています。
P6221267 (2).yy88.1500.jpg

いま昭和歌謡に多くの方の目が向いています。確かにその効果は、歌う本人にとっても聴く方にとっても絶大だと思います。その時代の自分を思い出す事で、確かな生きた軌跡を感じられますものね。歌いながらもふとその頃の自分に戻る事があります。そのとき、多くの方はとても『いい顔』されますね。私はこの現場を何回も何回も見ています。私自身も体中の血が動く感覚を覚えます。
P5270031.yy88.077.1500.jpg

小さなライブを再開したい!どうしてもこの夢を叶えたいです。気張らず等身大プラスアルファーで勘弁していただき、小さな小さなMiyakoのライブしてみたいです。いいえ絶対に実行します。ここ数年でステージは嫌だと思うようになりました。理由は色々ありますが、経済的に難しい事と目が(左目)がかなり悪くなったようです。広い舞台では方向感覚が悪いとふらつく場合もあります。
P6221288.01.yy88.1500.jpg

そんな訳で小さなお店の小さなライブ、独りよがりの勝手な言い分かも知れませんが、歌う人もいろいろ聞く方もいろいろ、『これしかダメ』そういう考えに縛られることなく歌人生を完結したいものです。しかし生徒さんには思い存分大きな舞台を踏んでいただけるよう、最後の力振り絞って頑張ろうと思います。
P5270028.yy88.07.1500.jpg

いつも決意表明だけで終わってしまいますが(笑)、やっぱり年齢を考えると限界は必ず来ます。その時、自分が表面に出なくても私は裏方で十分幸せです。『出来ないからやらない』じゃなく、私のできることは最後までやります。やり通した時が夢の完結ですね。
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

謹慎中です。 [黄昏に向かって]

悪夢は昨日の朝から始まりました。一件の見知らぬ電話のせいで、大パニックでした。犯罪者なのか、仕事に熱心すぎる人なのか…。今朝地元警察に聴いてみたら、最近この手の相談が多いそうです。少しほっとしました。
P4080014 (3)cc.yy88.1500.jpg

すこし戻ってお話させてください。今年正月過ぎに一本の電話。聞いたことのある声です。『R』という雑誌に教室の広告出しませんか?という話でした。そのころ地元川越での広告考えていたのですが、新聞の折り込み広告にも出していたので、その雑誌に出す事にしますた。原稿は年初に出した埼玉新聞に出したものと同じ内容にしました。
P5010047.yy88.1500.jpg

金額は21,600円でした。発売日は4月28日とのことで契約しました。T社という会社は本社が北海道札幌、私の担当は会津ということでした。担当はSさん、男性です。
P5010050.yy88.1500.jpg

先月末に郵便で旅行雑誌『R』が届きました。中には21,600円の請求書。小さな広告ですが、それでも約束の赤字で目立つように出ていました。それから一週間ぐらい経った昨日、朝の10時ぐらいでした。出勤準備の忙しい時間ですが、携帯が鳴ります。相手は分かりませんが、webでも講習会の募集中でしたので急いで出てみました。
P5030149.yy88.05.1500.jpg

開口一番、「雑誌『R』が出たので今度はうちの方です」と言う。「えっ」と聞き返す私に、「T社と同じ会社です」そんなニュアンスの返答でした。私が全く知らないというと、今担当の者呼ぶから~とまた叫ぶ。契約する筈が無いと言うと、T社と契約したとき一緒にしたのだという。続けてT社とは同じ会社だからと言う。
P5040235.yy88.1500.jpg

これはオレオレ詐欺みたいと瞬間思った私、「消費者センターと警察に言いますよ」ときつく言うと、「そっちが警察ならこっちは弁護士を向けるぞ~」と、こんな感じだったと思いますが威嚇するように怒鳴ります。私の方から電話切りました
P6240309 (2).yy88.1500.jpg

その後すぐ110番をし今の内容を告げました。しばらくして地元警察からも相手の電話番号を教えてくださいと掛ってきました。すこし安心しましたが、念のため雑誌『R』の裏表紙に書かれた出版社に電話しました。電話に出たA氏に説明をしたところ、私が契約したT社は知っているとの事でした。
P6300437 (2).yy88.1500.jpg

夕方T社のお担当Sさんから電話。これこれしかじかと話すと、最近この手の話はよく聞くとのこと。それでも夜は心配なのでいろいろな方に聴いたり、webで調べたり。再度今朝警察に連絡しておきました。担当の方は、最近はこの手の相談が多いとの事でした。
P9290289.yy88.1500.jpg

今日は幸い休みでしたので、ゆっくり家じゅうの書類を確認、当時T社と契約した際の原稿ゲラと金額が明記された書類が出てきました。よかったです。しかし世の中は随分ぶっそうな時代になったのですね。お蔭でこの2日殆ど食事してないので、体が軽くなった気がします。身辺が不安なのですが仕方ないですね。その脅かしてきた会社は都内にありますが、相当危険な会社だそうです。広告で命まで狙われる時代だなんて本当に恐ろしい世の中です。

昨日の混乱のなかで一度投稿したのですが、訂正があり削除しました。nice下さった皆様ごめんなさい。


nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

真夜中の野菜スープ [黄昏に向かって]

若い頃に夢見ていた老後人生、こんなものなのかな!と考える日々。周囲の同世代の目がキラキラしている気がして。最近下向きに歩く私、困ったものです。
体力、気力、行動力には自信があるのですが、気が付いたことは『魅力』に欠けた自分がいた事です。魅力とは…。難しいですね。さりげない心遣い、さりげない所作や言葉。さりげなく服装なのにセンスがある人、等々。
P4041121.yy88.1500.jpg

 
そう言えば、私の年金は当初は厚生年金だったのである程度安心していました。しかしその期待は見事に裏切られ、ああ~まさか、まさかでした。楽しい老後暮しなど夢の夢だと思っていました。しかし、その気になれば幾らでも楽しみはありますね。今夢中になっている写真集、最初はカメラの操作すら出来なかった私でしたから。
P4011054-1.1500.jpg


さてここ数日の間、頑張って頑張って出来あ上がった教室PR。それぞれが大手の広告サイトという事で掲載させて頂く事に。この広告サイトでは、路線や地域、業種などから検索して目的のお店や会社にたどり着くようになります。早めに見つけてもらうにはもっと上位のランクに契約するようです。何事もお金次第という事はあるものの、やっぱり『今』を感じますね。
P4041124.yy88.1500.jpg


私の場合はまだ新規ですので、勿論問い合わせは有りませんが、消費者の立場で自分の教室PRを眺めるとまだまだ魅力に欠けているようにも思えます。しかしこの事はチャンスだと私は考えます。
平凡な方法では、残された命の期限内で憧れの老後暮らしは出来ません。人の発想とは何回繰り返しても同じ傾向があるので自分の発想だけでは更なる発展は望めないのかも知れません。
P4041118.yy88.1500.jpg


ここでちょっと、疲れた脳に栄養あげようと思います。それは真夜中の野菜スープです。レタス、じんじん、長ネギ、きくらげ、里芋や大根等々の具が入った『けんちん汁プラス野菜コンソメ』。とっても美味くて栄養価もある野菜スープです。それでは冷めないうちに頂きます。今晩もありがとうございます。
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

つぶやき [黄昏に向かって]

いよいよ4月になりましたね。街は春祭りで賑わっていますが、私は昨晩から今朝に掛けて引き籠っていました。一心腐乱にひたすら祈るような気持ちでPCに向っていました。昨晩はとうとう徹夜に。何がなんでも土日に間に合わせたかったもので。
P3240251.yy88.1500.jpg


若い頃は徹夜しても翌日会社へ行けましたが、今はそうはゆきません。今日が定休みなので安心して徹夜した私ですが。その理由はネット上に広告を2つ出したかったからです。と言っても高い広告料を支払える訳はありませんから、一つは有料のサイト もう一つは無料サイトにしました。
P3261009.yy88.1500.jpg


歌謡教室の生徒さん募集広告です。どのくらいの確率で見られているのかは全く分かりませんが、その確率は、まさに『稀有』なのだと思います(笑) しかし所謂『縁があればね』そんな気持ちもあります。
P3281017-1.yy88.1500.jpg


さて先日の事です。三人組の男女がエレベーターに乗って教室のある6階で止まり、私に向かってしきりに15分、15分と言います。理由は判りませんがここで誰かと15分間商談したいのかと思いました。しかし「来客中です」と言うと7階まで上がりました。ほっとしているとまた降りてきて15分.15分。悪い人には見えないけれど気味が悪くなって。もう一度もうすぐ終わりますからその後にしてくださいときつく言いました。少し困ったようでしたが諦めて帰られました。7階のお客さんなのだと思いますが、レッスン中はどうすることもできません。
P3281019-1.yy88.1500.jpg


人間の営みの中では時々意味不明な事に出逢うこともありますよね。その場合ですが、私は何時もかなり落ち込みます。どうして?どうしてと考えてしまいます。『下手の考え休むに似たり』、亡母によく言われたものです。ですが私の心は自分なりの結論が出るまで諦めずに考え続けます。幾つになても直らない癖ですね。困ったものだと自分でも思います。
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

弾けて池袋 [黄昏に向かって]

今日3月25日は3年ぶりのお墓参りでした。今の住まいに引っ越し以来初めてです。川越~和光市~要町コースで昼に頃家をでました。要町駅では進行方向前で降りると、目的のお寺迄最短で行けます。しかしエスカレーターが途中までなので、ちょっと苦労でした。
P3250292.yy88.1500.jpg


余談ですが、何処へ行くのも独り、この生活がもう6年弱も続いています。「私って案外強い!」と改めて驚きました。
さて、地下鉄要町を出るとそこは紛れもないあの懐かしい池袋。日曜日とあって車の出も案外少なく進行方向の前方左側に大きな桜の樹が視界に入ります。反射的にカメラを出してパチリパチリ。今日のカメラの状態では10枚を撮るのがやっと。でもこれで充分です。

P3250294.yy88.1500.jpg


この辺りは池袋西口からの直線コース。もう半世紀、いいえもっと以前、私は5歳位たっだのかと思いますが、祖母に手を引かれてまだ焼け跡が整備されいなかったこの辺りを良く歩きました。当時からこの近くのお寺に祖父と父が眠っていたからです。

P3250295.yy88.1500.03.jpg

当時は母35歳程なので祖母は多分60歳ぐらいかと思われます。父亡きあとは一家を支えていた母でしたから、祖母と私は何時も一緒でした。そして今、私は祖母を越えて生きています。懐かしいこの道に立つとどうしても目が潤んできます。
P3250296.yy88.1500.jpg

目的のお寺、彼岸は昨日まででしたのでとても静かです。顔見知りのご住職と石屋の奥さん。昔と変わらない顔、顔。手桶に水を汲んで墓地へ入ります。数年来なかっただけなのに、どの墓石も大きく立て直されていました。眩しい程の春の陽を浴びてすこし誇らしげに建っているように見えました。
P3250297.yy77.1500.03.jpg


お母さん、お父さん御免なさい。不甲斐ない娘です。でももう寂しい想いはさせませんから、これからはちょくちょく訪ねてきますね。こころでそう語りながら手を合わせました。一緒に行った幼な馴染みのA子さん。お姉さんみたいだとふと思いました。お姉さんに遊んで欲しくて泣きながら追いかけた遠い昔。
P3250298.yy88.1500.03.jpg

帰路は昼食後大通りバス停前で分かれました。後ろ姿を見送る私に、杖の手を休めて降り返るA子姉さん。春の陽は眩しく、風はあの大きな幹を持つ桜の梢を揺らします。此処でも鳥たちは大はしゃぎ。いい一日でした。命が燃えて、人の優しさが体中を巡るような気がしました。「お姉さん~」後ろ姿が桜の蔭に見えなくなるまで見送り、来たときと同じ地下鉄要町の階段を下りた私です。





nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

また一つ… [黄昏に向かって]

また一つ…。もうずいぶん古い話です。その頃私はちょっとした恋ごころ(!!?)を抱いていました。勿論片思い。何となく寂しい夜は、許可なしに、彼の人にメールを送ります。実にへたくそな短歌らしきものをしたためて。
P3220210.yy88.02.1500.jpg


ある宵の話、季節は丁度今頃だったように覚えています。五・七・五・七・七と形通りに詠んで、いっぱしのつもりでメールを送信。直ぐに『ブラボー』と返信が。ただそれだけの事です。それだけの事なのにあれから数十年も経った今、あの日の事が、あの感激が…。人間って何だろう~、歳って何なのかしら? 
P3220205.yy88.02.1500.jpg


短歌は大好きでした。高校生の時には文芸部に入りたくさん詠んだ気がしますが、如何した訳か今は何も浮かんできません。もともと母と興じた百人一首から始まった事だったので、付け焼刃なんですね。友人の母上は短歌集を遺されました。そんな風に出来たら幸せでしょうね。
P3220213.yy88.1500.jpg


川越はいよいよ花の季節。美しく咲き誇る桜を何としても撮りに回りたい私ですが、小柄で歩幅の小さい私、この街を回りきるまで桜は待っていてくれるでしょうか?では今夜はここでおやすみなさい。


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

陽光の中で…。 [黄昏に向かって]

折角その気になって始めたのですが、なかなか筆が進みません。いいえ何を書きたいかも見えなくなってきました。孤独感が強すぎて書きながらますます悲しみが増幅してきます。これは若しかして年齢と言う大きな壁のせいかもしれません。
C-_Users_miyak_Pictures_2017.12.1500.jpg

私の住まいは川越駅近くのとても賑やかな商店街にあります。真夜中から早朝は静かですが、それ以外はいつも人波が途切れません。この街に住んで2年半が過ぎました。ようやく近隣の方とも声かけ合えるようになりました。
P3020173.01.yy88.1500.jpg

しかし私の言う孤独感とはそうしたものではく、周囲から見た場合の評価です。人間に等級などはないけれど、女ひとり…何だか重みに欠けるようですね。 気のせいでしょうか。元々が家族も少なく、仲間づくりの下手です。人付き合いは上手ではないし、逆に人疲れしてしまうタイプです。ですから20歳ぐらいからですが、犬が一時は4頭、猫は代替わりして2頭。通算50年以上を小動物と最小単位の家族と暮らしてきました。
PC080087.yy88.1500.jpg


そのような暮らしを経た今、孤独には慣れている筈なのに最近の孤独感は何処から来ているのでしょうか? この冬には寒すぎて我が身の骨が凍ってゆくような気がしました。しかし今日のような春の陽を浴びれば小躍りしたくなる私なのですが、今年の春はそう浮かれてもいられません。
PA071050 (2).1500.jpg

そんな日々のなかですが、頑張って頑張ってようやく歌謡教室のweb広告に漕ぎつけました。少額の費用で済むように色々検討した結果、エキテンさんというサイトに出すことに。ゆくゆくは教室のHPやMiyakoのHPへリンクさせたいと思っています。その分、私自身の仕事が更に増えてしまう懸念の持っています。現在のようにのんびりとサロン風の営業が出来るかどうか…。どちらにしてもひとつづつ進めてゆくしか出来ませんね。
P4080089.hsp.1500.jpg

かつて歌の道を進んできたあの友この友、それぞれの道は違っていても何時かまた昔のように屈託のない気持ちで会える日が来たら…。そう願ってもうすこし我が道を独り歩いてゆこうと思います。おやすみなさい。

nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 黄昏に向かって ブログトップ